プジョージャポン、「プジョー 5008 GT Blue HDi」を展示。パワフルなディーゼルエンジンを搭載した、プジョー最上級のSUV【東京モーターショー2017】

「プジョー 5008 GT Blue HDi」のフロント

2017年10月25日から11月5日まで、東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催されていた「東京モーターショー2017」(一般公開は10月28日から11月5日)。

プジョージャポンはこの会場の自社ブースで、MクラスのクロスオーバーSUV「プジョー 5008 GT Blue HDi」を展示していました。今回も会場で撮影した写真とともにお伝えします。

プジョーの新時代を告げるSUVラインナップ。 洗練かつ力強いデザインと、路面状況に応じて走行モードを選択できるグリップコントロールにより、 新しいドライビング体験を創造します。

引用:プジョージャポン公式サイト

スポンサーリンク

「プジョー 5008 GT Blue HDi」の概要

「プジョー 5008 GT Blue HDi」は、プジョー3008と同じ「PF2」プラットフォームを使うMクラスのクロスオーバーSUV。ミニバンであった先代5008から、スタイリング、コンセプトともに大きな変貌を遂げています。

外観デザインは3008とほぼ同じですが、全長で190mm、ホイールベースで165mm延長され、ボディ全体が大型化されています。車内には3列シートが装備され、7人乗車が可能。このあたりが3008との一番の違いとなります。

ボディが拡大されているため車重もその分増加していますが、パワフルな2.0Lディーゼルエンジンが搭載され、スペック上は十分以上のパワーを持ちます。

ミニバンスタイルからクロスオーバーSUVへと大胆な方向転換をとげた戦略は見事にはまり、2017年初頭に発売されたショート版「3008」とともに好調な販売を維持しています。

スポンサーリンク

「プジョー 5008 GT Blue HDi」の外観

「プジョー 5008 GT Blue HDi」のリア

フロント

塊感のあるぶ厚いフロントノーズにド派手な形状のヘッドライト、大きなグリル、メタリック調のスキッドプレートなどが組み合わされ、アウトドアテイストあふれるダイナミックなフロントフェイスとなっています。

サイド

重厚感あふれるふくよかなサイドパネルにシャープなキャラクターライン。前後ギリギリに切り詰められたオーバーハング(ホイールからボディ端までの距離)、アウトドアテイストあふれるディティールが相まって、スポーティで力強いサイドビューを構成。

リア

フロントに比べるとリア周りは比較的おとなしい印象です。黒いガーニッシュで連結されたリアコンビランプが「キリリ」とリア周りを引き締めています。

スポンサーリンク

主要スペック

項目 スペック
パワーユニット 1997cc・直列4気筒DOHCディーゼルターボ
トランスミッション 6速AT
駆動方式 FF(前輪駆動)
最大出力 180ps/3750rpm
最大トルク 40.8kgf・m/2000rpm
全長x全幅x全高 4640mmx1860mmx1650mm
ホイールベース 2840mm
車両重量 1690kg
ボディタイプ 5ドア・ハッチバック

メーカー希望小売価格

4,690,000円(消費税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)

切れ痔がぶり返してきたー!(2018年10月)

フランスモーターショー行きたい(2018年10月)