スズキ自動車「イー・サバイバー」、東京モーターショー2017に登場!スズキ4WDの伝統を受け継ぐ次世代型コンパクトSUV【ニュース】

スズキ・イー・サバイバーのフロント

2017年11月25日から12月5日にかけて東京ビッグサイトで行われた「東京モーターショー2017」。スズキ自動車はこの会場で、次世代型コンパクトSUV「イー・サバイバー」を発表しました。

今回も、秋ろーが会場で撮影した写真とともにお伝えします。

スズキのコンパニオンは秋ろー好みの女性が多いです。誰が選考しているのでしょうか?

e-SURVIVORは、スズキの4WD車の流れを汲んだ、未来のコンパクトSUVだ。どんな道でも走れる高い走破性に、EVが持つ高トルクの力強さやモーターの加速感を掛け合わせたことで、新時代の「 操る悦び」をつくり出すことに成功。

引用:スズキ自動車公式サイト

スポンサーリンク

「イー・サバイバー」の概要

「イー・サバイバー」は、スズキSUVの伝統を受け継ぐコンパクトSUVです。本格的ラダーフレームにトルクフルな電動モーター。自動運転などの最新技術が盛り込まれています。

次世代型のジムニーとかジムニー・シエラのデザインスタディモデルといったところでしょうか?ライト周りとか、全体のプロポーションなど、ここから一部デザインが生産型ジムニーにも受け継がれるはずです。

スポンサーリンク

「イー・サバイバー」の外観

スズキ・イー・サバイバーのサイド

フロント

フェンダーの無い、オフロードテイスト溢れるワイルドなスタイリング。四角いフロントノーズに丸型ヘッドライト。ブラックアウトされたノーズには、LEDでグリルが擬似的に表現され、ジムニーライクなフロントフェイスを形づくっています。

むき出しの足回りには、しっかりとリンクやサスが表現されていますが、実際に走ることができるのか気になりますね(こういうショーモデルは、自走能力の無いモックアップの場合が多いです)。

サイド

前後にフェンダーが無いため、先端が絞り込まれたボートのようなサイドビューです。ドアパネルには大きなガラスがはめ込まれ、室内の足元が丸見えです。これなら、ボディ近くの路面状況を確認する時に便利ですね。

リア

小さく絞り込まれたリアエンドに、ブラックアウトされたパネルがはめ込まれます。コの字型のリアコンビランプが巧みにデザインされ、スポーティでカッコいいリア周りを構成しています。スズキ・エンブレムの後ろには、LEDライトで薄っすらと「サイ(動物)」のイラストが浮き上がります。イーサバイバーのマスコットという事でしょうか?遊び心あふれるデザインです。

スポンサーリンク

「イー・サバイバー」の内装

太いアルミフレームが室内を縦に貫く、シンプルで近未来感あふれる内装デザイン。センターコンソールには球形の液晶ディスプレイが装備され、ナビ情報から車輌情報まで直感的に表示します。

眼前にも球形のアナログメーターが装備されますが、イグニッションをオフにする事でフレーム内に収納される仕組みです。

シートは完全な2シーター。クッションパッドが細かく分割された、立体的なデザインです。

スペック

全長3460mmx全幅1645mmx全高1655mm。

パワーユニットには、フロントとリアに1機ずつ、計2機のデュアルモーターで4輪を駆動します。

純粋なコンセプトカーなので、これ以上の詳細なスペックは発表されていません。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

猛暑のおかげでしつこい「切れ痔」も徐々に回復。病院にいくのは恥ずかしいのでこのまま自然治癒してくれ!(2018年7月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)