【試乗評価】新型ダイハツ キャスト アクティバ 上質な走りと快活なスタイリング [DBA-LA250S]

ダイハツキャストアクティバ前面画像

今回は「新型ダイハツ キャスト アクティバ Gターボ SAⅡ」を試乗レポートします。
プラットフォームはムーブと共通の「Dプラットフォーム」を使用しています。
キャストはそのキャラクターによって、3つのボディを与えられています。
今回試乗した「アクティバ」は、ライトSUVというキャラクターです。

スポンサーリンク

外観

車高が高い事もあって、どっしりとした重厚感や剛性感が感じられるデザインです。
ボディにしっとりした張りのある丸みを持たせる事で、上質感のある雰囲気を表現しています。

ヘッドライトや、リアコンビランプはキャストシリーズ共通です。
ノスタルジックな印象の丸いヘッドライトと、丸みのある上質なシルエットがよく調和しています。
8角形のリフレクターが組み込まれたリアコンビランプは、カッティングダイヤのようなデザインです。

ツートンのルーフや、アップライトな乗車感はハスラーのフォロワーといった感じですが、ボディが普通車からの流用なのが、専用デザインのハスラーとの違いです。
30mm車高が上げられ、ボディ各所にアウトドアテイストの加飾が施されています。
この加飾パーツは、元々重厚感のあるデザインのキャストによく似合っています。

ダイハツキャストアクティバ後部画像
スポンサーリンク

内装

シンプルで上質なインテリアです。高級という訳ではありませんが、プラスチックの素材感を生かしたおしゃれな内装です。
基本的なデザインはムーブと共通ですが、カラフルなトリムやツートンの配色が上手く、非日常的な遊び感覚がたくみに表現されています。
内装のデザインは、ちょっと甘めのハスラーより上手だなと感じました。

シートはベンチタイプの形状ながら、フィット感も良好で、硬さも適度にあります。中距離であれば問題のない造りです。
リアシートはフロントより若干平板ながら、前後スライド機構と、リクライニング機構を備えます。
フルフラット前提のシート設計なので、背もたれの長さが少し足りません。しかし近距離であれば問題ないでしょう。

後部荷室は、クラス標準的な狭い容積です。しかし、床下収納やリアシートのスライドを活用すれば、そこそこの荷物が積めます。
当然リアシートを折り畳み、大きな荷室として使うこともできます。

軽自動車としては、静かな車内で、ノイズの侵入もしっかり押さえ込まれています。

ダイハツキャストアクティバ内装画像
スポンサーリンク

エンジンとミッション

660cc直列3気筒ターボエンジンに、CVTが組み合わされます。
最高出力63ps/6400rpmに、最大トルク9.4kgm/3200rpmを発生します。

コンパクトカークラス並みの動力性能があります。
最も常用されるエンジンの回転域は3000回転以下ですから、3200回転で最大トルクを発生するこのエンジンは、そこそこ使いやすい特性といえます。
頻繁に峠を攻めるような使い方でなければ、十分以上の低速トルクです。

足回りとハンドリング

前輪にマクファーソンストラット式サスペンション、後輪にはトーションビーム式サスペンションが装備されます。

素直なハンドリングで、特にこれといった不都合のないフィールです。
高い車高ながら、ロールも最小限で安心してコーナーに侵入できます。

重厚感のある乗り心地で、直進安定性も高いです。
また後輪の路面追従性も高く、コーナリング中の安定感は高いです。

最近のダイハツの軽自動車は、コンパクトカーなみの上質な乗り心地を持っています。

評価のまとめ

ターボによる余裕ある動力性能と、コンパクトカーなみの上質な乗り心地を持っています。
このライトSUVテイストが気に入れば、オススメできる自動車です。

しかし、車内空間は普通の乗用車のままですから、その辺が気になる方は専用ボディのハスラーをどうぞ。

主要諸元と価格

全長X全幅X全高 | 3395mmX1475mmX1630mm
JC08モード燃費 |27.0km/l
価格 | 1,517,400円(税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)

パリモーターショー行きたい(2018年10月)