新型ダイハツ キャスト スタイル【試乗評価】上質でクラシックな都会派スタイル [DBA-LA250S]

今回は「新型ダイハツ キャスト スタイル G SA Ⅱ」を試乗レポートいたします。
キャストスタイルは、2015年に登場したブランニューモデルです。

キャストは、SUVテイストの「アクティバ」、都会派の「スタイル」、走り重視の「スポーツ」というコンセプトの違う3つのボディバリエーションを持ちます。また基本プラットフォームは、ムーヴと共通です。

スポンサーリンク

外観

全長3395mmX全幅1475mmX全高1600mmのボディサイズに、ホイールベースは2455mmとなります。

アクティバやスポーツとは基本的に同じボディが使われています。この「スタイル」はミラジーノの後継モデルでもあり、クラシックなメッキパーツが多用されています。

フロント周りは、細かいメッシュのグリルが装備され、バンパー下部にもメッキモールが施されます。また特徴的な丸目のヘッドライトにより、昔のMINIのような表情を持ちます。

サイドビューは、ラッピングによるホワイトルーフと、ボディ下部のメッキモールとの相乗効果で、クラシカルな雰囲気を醸し出しています。

リア周りにも、贅沢にメッキモールが施され、プレミアムな上質感を感じさせます。

スポンサーリンク

内装

ベースのムーヴより若干室内は狭くなりますが、それでもコンパクトカー並みの広い室内空間を持ちます。
また、外板色を使ったカラーパネルや専用ツートン生地のシートが装備され、質感はムーヴよりも上質です。

前席のシートはフィット感のある形状で、硬さも程よく快適です。中距離(50km程度)の移動なら問題ありません。

後席は、平板なデザインでシートバックの長さも不足気味ですが、硬さとコシが適正で短距離(20km程度)の使用なら問題ありません。
また、この後席にはスライド&リクライニング機能が装備され、シートを一番後ろまで下げると足元には広々とした空間が確保されます。

ベース車両のムーヴよりもしっかりと遮音材が施されており、室内の静粛性は高いです。

スポンサーリンク

エンジンとミッション

660cc直列3気筒DOHCエンジンに、CVTが組み合わされます。
エンジンは、52ps/6800rpmの最高出力と、6.1kgf・m/5200rpmの最大トルクを発揮します。
JC08モード燃費は、30.0km/lとなります。

最大トルクの発生が5200rpmと高回転型エンジンながら、高性能なCVTと組み合わされることで、トルクフルで必要十分な動力性能を持ちます。840kgの軽量ボディと相まって、スムーズな加速フィールです。

またステアリングのパワーモードスイッチをオンにすると、さらに力強いスムーズな加速が得られます。

足回りとハンドリング

前輪にマクファーソンストラット式サスペンション、後輪にはトーションビーム式サスペンションが装備されます。

ボディ剛性の高さと、しっかりしたステアリングフィールにより、カーブでの安定感は高いです。
後輪が路面をしっかりと捉えるため、安定感のある素直な回頭性能を持ちます。

アクティバより重心が低く、扁平率の低いタイヤが装備されるため、硬めできびきびした乗り心地です。
ただ低速では段差をいなしきれず、ダイレクトに衝撃を伝える傾向があります。揺すられ感の収まりも悪いです。

またアクセルオフでの減速感が強く、少々違和感があります。

その他

最新のスマアシⅡが装備されます。
このスマアシⅡは軽自動車ながら、「衝突回避ブレーキ」「衝突警報」「車線逸脱警報」「誤発進抑制(前後)」「先行車発進お知らせ」などの高度な先進安全技術を持ちます。

評価のまとめ

ベース車両のムーヴより外観と内装の質感が高められており、乗り心地にも上質感が感じられます。

コンパクトでランニングコストの優れた軽自動車を探しているが、走りやデザインにもプラスαの個性や上質感が欲しいという人にぴったりな一台です。

価格

価格 | 1,414,800円(税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

猛暑のおかげでしつこい「切れ痔」も徐々に回復。病院にいくのは恥ずかしいのでこのまま自然治癒してくれ!(2018年7月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)