新型 日産スカイライン HYBRID(V37)【試乗評価】攻撃的なハイブリッドシステム [DAA-HV37]


日産スカイラインハイブリッド前面画像

今回は「新型 日産スカイライン HYBRID Type-P(V37)」を試乗レポートいたします。
スカイラインは2014年のモデルチェンジで13代目となりました。

日本以外の国では、「インフィニティ Q50として販売され、その割合は全生産量の90%以上を占めます。

メルセデスベンツから供給を受けている、次世代ターボエンジンを搭載したモデルが気になる方は「新型日産スカイライン(V37)」のページをどうぞ。

※忙しくてあまり時間の無い人は、文末の「試乗評価のまとめ」をサクッと読んで下さい。

スポンサーリンク

外観

全長4790mmX全幅1820mmX全高1440mmのボディサイズを持ちます。またホイールベースは2850mmとなります。

今回の新型スカイラインは、なぜか写真ではもっさりとした印象を受けますが、実際の実物はスタイリッシュで上質感あふれるカッコいい車です。世界市場でプレミアムブランド「インフィニティ」として販売されるだけの事はあり、上質感あふれるしっとりとした塗装が施され、ボディパネルの隙間も小さく精密です。ドイツ高級車勢に勝るとも劣らない高い質感を備えています。

ターボ車とハイブリッド車で、外観上の大きな違いはありません。

フロント

フロントグリル中央には、誇らしげにインフィニティのエンブレムが装備されます。このスカイラインは世界的に「インフィニティQ50」として販売されているため、イメージ戦略上の問題から日産のエンブレムが付けられなかったのでしょう。

フロントは、ちょっと意地悪なにらみ上げるような目つきですが、質感の高いグリルと低く抑えられたフロントフードにより上質でスポーティな印象です。

サイド

ロングノーズ、ショートキャビンの古典的なFRルックを踏襲しています。短かく切り詰められたフロントオーバーハングに、ロングホイールベースが組み合わされ、伸びやかでスポーティなスタイリングです。

リア

フロントから流れるようなルーフライン(屋根)と、力強いショルダーライン(サイドウィンドウ下端)がリアエンドで小気味よく収束しています。グラマラスなヒップラインと相まって、力強くもスポーティなリアエンドを構成しています。

リアコンビランプには、細長く有機的なデザインが採用されていますが、近づいてよく見ると、リフレクター内にスカイライン伝統の丸目4灯ランプがビルトインされています。古くからのスカイラインファンを喜ばせる粋な演出ですね。

スポンサーリンク

内装

しっとりとした質感のインパネに輝度の低いメタリック素材、木目パネルが組み合わされた上質な室内空間です。ガソリン車との大きな違いはありませんが、メーターナセル内にハイブリッド車専用の「HVモニター」が装備されます。

Lクラスセダンにしては車内は比較的小さめですが、窮屈すぎるということはなく、適度な囲まれ感のあるスポーティな運転席を演出しています。シートに腰を降ろしてドアを閉めると、「ドスッ」という重厚感あふれる上質な音が響き、「いい車だなあ」と一瞬で感じさせます。

シート

フロントには、シートストロークのたっぷりとした大きめのシートが装備されます。芯材にはコシのある上質なクッションが使われており、柔らかな表皮と相まってモッチリと身体全体を支えてくれます。長時間ドライブでも疲れの出にくい快適なシートです。

リアシートはやや平板なデザインながら、フロントに準ずるしっかりとした質感が確保されています。座面、シートバックともに十分な大きさがあり、長時間ドライブでも快適にすごすことができます。

荷室

荷室にはセダンらしく広々とした使い勝手の良い空間が広がります。4人家族で2泊3日旅行くらいなら余裕でこなせるでしょう。

静粛性

遮音材もしっかりと詰め込まれており、風切り音やロードノイズの侵入は最小限に抑え込まれています。プレミアムセダンにふさわしい、快適な室内空間です。

スポンサーリンク

エンジンとミッション

3.5L V型6気筒DOHCエンジン+電気モーターに、7速ATが組み合わされます。
エンジンは、306ps/6800rpmの最高出力と、35.7kgf・m/5000rpmの最大トルクを発揮します。
また電気モーターは、68psの最高出力と、29.6kgf・mの最大トルクを発揮します。
JC08モード燃費は、17.8km/lとなります。

フーガと同じハイブリッドシステムを使っていますが、スカイラインの方が車重が軽く力感も上回ります。

エンジン

エンジンとトランスミッションの間に電気モーターを挟み込んだ、1モーター2クラッチによるハイブリッドシステムが装備されます。

このハイブリッドシステムは、フーガに搭載されるものと基本的には同じです。全域で太いトルクを発生、低速から高速巡航時まで湧き上がるような自然なパワー感が魅力です。
トルクフルな電気モーターと3.5Lエンジンを併用した走りは圧倒的で、1770kgの重量級ボディを瞬時に加速させることができます。スムーズで上質なエンジンフィールが気持ちいいです。

低速時は電気モーターだけで走行することも可能で、ゆるやかなアクセル操作を心がければ上質で静粛性の高いフィールが味わえます。

ただし、低速域でラフなアクセル操作を行うと、不自然にエンジンの作動と休止が繰り返され、ギクシャクとした動きをすることがあります。

高速巡航時はエンジン回転が低く保たれているため、静かで上質なクルージングが可能です。さらにバッテリーに十分な電気が蓄えられていれば、電気モーターだけを使ったEV走行も可能です。

ハイブリッドシステムによる回生ブレーキは、フーガよりもさらに洗練されており、不自然さやギクシャク感はほとんどありません。

トランスミッション

トルクコンバーターを使わない、機械的な7速デュアルクラッチ・トランスミッションを装備。

組み合わされる7速ATは、このハイブリッドシステムとよくマッチングされており、大きな違和感はありません。ただし、上でも述べた通り電気モーターとエンジンの切り替えに若干のギクシャク感を伴うことがあります。トルコン式やCVT式では味わえない、ダイレクト感溢れる変速フィールが魅力です。

足回りとハンドリング

前輪にダブルウィッシュボーン式サスペンション、後輪にはマルチリンク式サスペンションが装備されます。

ハンドリング

今回のスカイラインで一番大きな話題となっているのが、DAS(ダイレクト・アダプティブ・ステアリング)と呼ばれるステアバイワイヤシステムです。

これはステアリングの切れ角を電気情報に変えて、機械的なステアリングシャフトを通さず、電気的にアクチュエーターを作動させてタイヤの舵を切るというシステムです。

簡単に言うと「ステアリングとタイヤが、機械的に直接接続されていない」という事です。

これはコンピューターの設定ひとつで、どのような味付けも可能になるという夢のようなステアリングシステムです。
また同時に、今後自動車の制御をすべてコンピューターに任せて「全自動運転」を実現するためには、どうしても避けて通ることの出来ない重要な技術でもあります。

ただし、この技術は登場してから日が浅く、まだまだ改良・進化の余地の残された発展登場の技術でもあります。それはこのスカイライン・ハイブリッドでも同様で、「ロードインフォメーションが不足」していたり、「ステアリング制御に不自然な部分があったり」と、いくつかの課題を抱えています。

ステアリングインフォメーションが不足していると、視覚情報だけに頼った操舵となるため非常に疲れます。平坦で真っ直ぐな路面なら気持ちよく走ることもできますが、うねりや段差がある路面では、車が勝手に車が曲がろうとしたり、ステアリングを切ってもすぐに反応が返ってこなかったりと不自然な制御がみられます。

この技術の概要を聞いて一番に心配になるのが、「万が一コンピューターや電子デバイスに不具合が発生した時、ステアリング操作ができなくなったらどうするのか?」という事です。

こういった場合にはもちろん安全対策がとられています。電子デバイスに異常が発生すると、自動的にドライブシャフトが物理的に接続されて、機械式のステアリングとして機能させることができます。

足回り

乗り心地は若干硬めながら、よく動く上質なサスが装備され、角の丸まったしなやかで上質な走りを堪能することができます。低中速域までは4輪の接地性も高く、フラットライドな姿勢を維持して安定した走りをみせます。

試乗評価のまとめ

このハイブリッドシステムは、プリウスのように燃費を良くするためだけに作られたものではありません。ドイツ高級車用のハイブリッドシステムと同じ考えでつくられた、燃費と動力性能を高い次元でバランスさせるためのシステムです。その証拠に、このスカイライン・ハイブリッドの動力性能は歴代スカイラインの中でも最高レベルです。

革新的なステアリングシステム「DAS」は、まだまだ発展途上で、ステアリング制御やロードインフォメーションの伝え方に多少の違和感が残ります。しかし、これから熟成されることで、次世代の日産車を支えるキーデバイスになる事は間違いありません。

対象となるユーザー

昔はスカイラインやマークⅡといった国産のミドルセダンに乗っていたが、「日本車の質感や走りに満足がいかず、仕方なくドイツ車高級車に流れてしまった」という人に、オススメしたい国産プレミアムセダンです。

また、「上質で燃費が良く、パワフルな車に乗りたいが、BMWメルセデスベンツなどのドイツ高級車では、少しご近所の目が気になって購入しにくい」という人にもピッタリな一台となります。

価格

価格 | 5,136,480円(税込み)

関連記事

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

最近は気温の上昇とともに体調も除々に回復!長い冬でした(2018年4月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の更新がしばらく少なくなります(2018年4月)