新型BMW 340i Touring(F31)【試乗評価】豊かな生活を演出する良き相棒 [DBA-8B30]


今回は「新型BMW 340i Touring M Sports(F31)」を試乗レポートいたします。
BMW3シリーズは今回のモデルチェンジで6代目となりました。
試乗車は2015年に改良されたマイナーチェンジモデルです。

セダンについては「新型BMW320i M Spots」と、「新型BMW320d Luxury」のページをご覧ください。

スポンサーリンク

外観

全長4645mmX全幅1800mmX全高1450mmに、ホイールベース2810mmのボディサイズを持ちます。

ボディサイズはセダンと全く同じですが、後部荷室を追加するためにルーフが後方に延長され、かなり傾斜したDピラーで後端は強く絞り込まれています。
この為、セダンよりボディーが長く平べったく見え、優雅でスポーティな印象を受けます。

マイナーチェンジによるフロント周りの変更点は、これまで無粋な箱形だったミリ波レーダーユニットが、控えめなデザインに変更され、奥まった目立たない位置に移動している事と、ヘッドライトのリングが四角形に変更、フルLEDライト化された事です。またヘッドライト内のウィンカーのデザインも変更されています。

リア周りでは、リアコンビランプのリフレクターデザインが、細い帯状のLEDライトに変更されています。

M Sportsについての外観上の変更点はありません。バンパー形状も前期型と同じです。

スポンサーリンク

内装

シートはアルカンターラとファブリックのコンビシートです。
マイナーチェンジで内装の素材が変更され質感が向上していますが、細かな変更点の為、教えてもらわないと分かりません。

ボディサイズはセダンと同じですが、旧型からは拡大され室内空間も広がっています。
とくにホイールベースが伸ばされた事により、後席の足下空間に余裕が生まれています。

ラゲッジ(荷室)も旧型より拡大され使い勝手が向上しています。
ラゲッジの開口部も広がり、荷物の出し入れがやりやすくなっています。
また両手が荷物で塞がっていても、足をリアバンパー下に入れるだけで、自動でリアゲートを開くことができる便利な機能も追加されています。

スポンサーリンク

エンジンとミッション

3L直列6気筒DOHCエンジンに、8速ATが組み合わされます。
エンジンは、326ps/5500rpmの最高出力と、45.9kgm/1380-5000rpmの最大トルクを発揮します。
このエンジンは前期型に搭載されていた、3Lエンジンとは全く別もののエンジンで、JC08モード燃費も向上し、13.5km/lとなります。

怒濤の低速トルクにより、総重量1730kgの重量級ボディをぐいぐいと加速させます。
また高回転まで淀みなく吹け上がる直列6気筒エンジンは、前期型よりもさらにフィーリングが向上しており、まさにシルキーシックスにふさわしい仕上がりです。

足回りとハンドリング

前輪にダブルジョイントストラット式サスペンション、後輪には5リング式サスペンションが装備されます。
試乗車にはオプションのアダプティブMサスペンションが装備されています。

軽量化されたエンジンユニットとあいまって、軽快でコントローラブルな操舵感です。
足回りのセッティングも見直され、ソフトな乗り心地ながら、ハンドリングの精度とダイレクト感が向上しています。

BMWならではの、適度に引き締まったしなやかな足回りです。
アダプティブMサスペンションの装備により、段差を超えた際の衝撃も瞬時に減衰します。
また足回りの見直しにより、うねりを超えた際の揺れの治まりも向上しています。

ロールもよく抑え込まれており、姿勢の乱れも少なくフラットライドな乗車感です。

ドライビングパフォーマンスコントロールは、エンジンの特性だけではなく、トランスミッションのタイミングやサスペンションの減衰力も調整されます。

バッテリーがフル充電されているときは、オルタネーターの作動をオフにしエンジンの負荷を低減します。またブレーキング時には、回生ブレーキによりバッテリーに充電を行います。ただこの回生ブレーキは、制動力の立ち上がりが唐突で若干の違和感があります。

評価のまとめ

ステーションワゴンならではの高い利便性を持ちながら、走りはセダンとまったく同じレベルで遜色がありません。
この車なら走りも楽しめ、ステーションワゴンのある豊かな生活の演出にぴったりです。自動車は単なる道具ではありませんから、この生活を演出するためのアイテムという役割はとても大切です。

平日は忙しく働いても、週末は子供とキャンプや釣りに、また彼女とロングドライブにと、色々なプランが浮かんできます。
こういう生活に彩りを与える相棒として、ふさわしいキャラクターも持った車です。

価格

価格 | 7,980,000円(税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

寒い部屋で冷たい椅子に座って一年中キーボードを叩いているのが原因で「切れ痔」に!辛いです。(2018年6月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)