真夏に車中泊をする時の「暑さ対策」について【車中泊】

涼しい駐車場

以前この【車中泊】のコーナーでは、寒い冬に車中泊をする時の「寒さ対策」について紹介しています。

今回は、逆に暑い夏に車中泊をする時の「暑さ対策」について、解説したいと思います。

スポンサーリンク

クーラーを定期的に作動させる

冬の寒さ対策については、車の中に断熱材を敷き詰めたり、床に分厚いマットレスを敷いたり、登山用のしっかりとした寝袋を使う事で十分な対策が行えます。

しかし、ムシムシする夏の暑さについては、そう簡単にはいきません。なんとか窓を全開にしたり、汗を吸収しやすいタオルケットやバスタオルを使いますが、大した効果は得られません。

こんな時は、そのまま暑さを我慢しているだけでは、脱水症状になってしいます。そのため、定期的にエンジンを掛けてクーラーを使う事になります。

ただし、ある程度の努力と工夫によって、このクーラーを使う頻度を下げる事は可能です。

スポンサーリンク

保冷剤を活用する

例えば、冷凍庫で凍らせておき、長い時間に渡って保冷効果を持続する「保冷剤」です。

まず、この保冷剤を前日に自宅の冷蔵庫で凍らせておき、クーラーボックスや車内の冷蔵庫に保存しておきます。夜、寝る時になったら、この保冷剤を取り出してバスタオルに巻き、自分の首や太ももの内側など気持ちの良い場所に当ててください。これだけで、随分と寝苦しさが解消されるはずです。また、クーラーボックスにジュースや水を入れておけば、冷蔵庫としても使えて一挙両得です。

スポンサーリンク

網戸タイプのサンシェードを使って「蚊」の侵入を防ぐ

夜に窓を全開にするといっても、夏の夜はやっかいな蚊が車内に侵入してくるかもしれません。こんな時は、ドア全体を包み込むように設置する、網戸タイプのサンシェードがオススメです。

参考:車用「日除けサンシェード」をタイプ別に紹介!熱い夏もこれで安心【運転のコツ】

このタイプのサンシェードなら、夜間の虫を防ぐだけでなくサンシェードとしも使えます。昼間の日差し対策としても大きな効果が期待できるのです。

涼しい山岳地帯へ移動する

これだけの対策を行っても、真夏の野外では中々暑くて眠れない事もあるでしょう。そんな時は、発想を変えて車中泊最大のメリット「機動力」を存分に活かします。

日本列島は、国土のほとんどを山岳地帯が占めています。そのため、どんな場所であっても数十キロ程度走れば、涼しい山岳地帯に入る事ができます。

山岳地帯といっても、多くの場合はサービスエリアや道の駅、キャンプ場などが必ずあります。こんな場所に行けば、どんなに暑い寝苦しい夜でも気持ちの良い涼風の中でぐっすりと眠ることができます。

ただし、こういった場所は朝方になるとさらに気温が冷え込む事があります。寝冷えによる体調不良だけは十分に注意してください。

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

修正ばっかりしてると新記事の投稿ができないんで、新記事3に対して修正1くらいの割合でやってます(2019年6月〜)