オートキャンプ場を使った「車中泊」について

河原でキャンプ

「車中泊」と聞くと、一般にはどこか手頃な駐車場や空き地を見つけて車の中に寝泊まりするイメージが強いですが、キャンプのために作られた施設「オートキャンプ場」を使う車中泊もオススメです。

「オートキャンプ場」とは、決められた敷地内に自分の車を停め、車と共にキャンプを楽しむための施設です。車の横にテントを張ってもいいですし、キャンピングカーなどを持ち込んで車の中に寝泊まりすることもできます。

敷地内には、水道やAC電源、排水口、調理施設まで一通りの快適設備が備えられています。特に大きな車やキャンピングカーで移動している場合は、広々とした敷地を持つオートキャンプ場は、気兼ねなく車を停められる数少ない施設です。その分、有料となることが多いですが、お金を払うだけの価値は十分あります。

スポンサーリンク

オートキャンプ場には、ユーザーのニーズに応じていくつかのタイプがある

一言でオートキャンプ場といっても、ユーザーのニーズやその利用スタイルによっていくつかのタイプがあります。

せっかくオートキャンプ場を利用して車中泊をするのですから、しっかりと調べて自分に合ったオートキャンプ場を選びましょう。

※説明に使ったサイト名は施設によってまちまちですが、内容に大きな違いはありません。分からない時は、目的の施設に直接問い合わせてみください。

一般的な「区画サイト」

まず最初に紹介するのは、自分の車を敷地内に停め、その横にテントを張ってキャンプを楽しむ「区画サイト」です。一般的なオートキャンプ場といえば、このタイプの施設をイメージする人も多いでしょう。水道やAC電源、排水口など、基本的な快適設備を備えています。

設備が最小限となるため利用料金も比較的リーズナブルで、4000円程度からとなることが多いです。

車を停めるスペースとテントを張るスペースに加え、タープ(日よけ)の設置やバーベキューをするスペースもあります。普通に家族でオートキャンプを楽しむならこれくらいで十分でしょう。

何組かの家族と共同で利用するなら「フリーサイト」

何組かの家族やグループで集まって、ワイワイ賑やかにオートキャンプを楽しむなら、一台ごとのキッチリとした区画が無い「フリーサイト」がオススメです。利用料金も「区画サイト」とそれほど変わりませんし(1家族ごとで計算した場合)、快適装備も同じように用意されている事が多いです。

ペット連れのユーザー向け「ペットサイト」

かわいいペットと一緒にオートキャンプを楽しみたいという人には、「ペットサイト」がオススメです。キャンプ場の作り自体は「区画サイト」と変わりませんが、ペットを敷地内に連れ込んでも怒られることはありません。利用料金も一般的な「区画サイト」と同じでリーズナブルです。

キャンプが苦手という人には・・・

その他にはロッジやビジターハウスなど、しっかりとした建物の中に宿泊できるオートキャンプ場もあります。価格は数万円からとオートキャンプ場にしては割高ですが、基本的な快適装備に加えて、テレビや冷蔵庫、電子レンジに洗濯機など、一般的なビジネスホテルなみの設備を備えています。

「オートキャンプを楽しむ」という目的からはズレているような気もしますが、お年寄りや小さい子供、「むさくるしいキャンプは嫌」という家族がいる場合は、こういったオートキャンプ場があると助かります。

共用スペース

また、オートキャンプ場には「区画サイト」など宿泊する施設の他に、利用者が共同で利用することを前提に用意された「共用スペース」があります。

このスペースにはトイレやシャワー、売店に洗面所、キッチン、コインランドリーなど様々な快適設備が用意されています。同じオートキャンプ場の利用者なら自由に使うことができますが、一部にコインランドリーなど追加料金が必要な場合もあります。

スポンサーリンク

オートキャンプ場のデメリット

このようにオートキャンプ場には、様々な快適装備がきめ細やかに備え付けられています。ロッジやビジターハウスを利用する場合は、ビジネスホテルと変わらないほど快適です。ただし「車中泊を楽しむ」という目的がある場合は、ちょっと方向性が違うかなあとも思います。

また、オートキャンプ場はその数自体が限られているため、全行程でオートキャンプ場を利用しようとすると「ルート設定が自由に行えない」というデメリットがあります。長旅の中にオートキャンプ場を組み入れる場合は、普段は空き地や駐車場を使って車中泊を行い、「たまたまルート上にオートキャンプ場があれば気分転換に泊まってみる」という気軽な使い方がオススメです。

スポンサーリンク

オートキャンプ場のメリット

車中泊という観点から見たオートキャンプ場のメッリトは、ズバリ、その広々とした敷地あります。特に大きな車やキャンピングカーを使って長旅をしている場合は、数少ない車を気兼ねなく停められる場所のひとつです。

また、キャンピングカーには沢山の伝送機器が装備されるため、大容量のサブバッテリーが欠かせません。こういったサブバッテリーを気軽に充電できる場所としても、オートキャンプ場はなくてはならない基調な場所です。

オートキャンプ場を利用するには最低でも4000円程度の使用料金が掛かります。しかし、これが安心感となってゆったりと宿泊できるのも事実。この点が、無料の駐車場や空き地に車を停めて、周りの様子に気兼ねしながらする「車中泊」との大きな違いです。

その他には、「知らない駐車場で車中泊をするのに比べればずっと安全」ということもあります。

参考:「車中泊」をする事で生じる危険を避けて、怖い思いをしないための工夫

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

修正ばっかりしてると新記事の投稿ができないんで、新記事3に対して修正1くらいの割合でやってます(2019年6月〜)