ステーションワゴンを使った「車中泊」について

ステーションワゴンを使った車中泊

ステーションワゴンは、セダンのルーフをリアエンドのギリギリまで延長して、ハッチバックドアを増設したボディ形式です。

そのため、セダンの優れた操縦安定性はそのままに、大きなカーゴスペースを後部に持っています。

スポンサーリンク

運転のしやすいシート構造

ステーションワゴンのボディ前半部分は、セダンとほとんど同じ構造です。そのため、フロントシートや運転席周りの使い勝手についても、セダンと大差はありません。

シート形状はドライバーの身体にフィットする構造で、より運転を快適に行うための設計が施されています。リクライニング機構が装備されますので、シートバックを倒して短時間の仮眠をする事も可能です。

ただし、シート形状がフラットでは無いため、車中泊のベッドとして使うにはそれなりの工夫が必要です。この辺りの事情もセダンと同じですね。

スポンサーリンク

広大な荷室スペースを活用してベッドを作る

といってもステーションワゴンには、セダンには無い広大な荷室スペースが備わります。このスペースを有効に活用する事で、セダン以上に快適なベッドを作ることが可能です。

また、ステーションワゴンのリアシートは、シートバックを折りたたむ事で、後部のラゲッジスペースと連結して広大な荷室空間を作ることができます。

この荷室スペースは、荷物を積みやすいようにフラットな床面構造が採用されています。このフラットな構造は、フラットシートを前提に設計されているミニバンよりもさらにフラットです。

ただし、フラットといってもシートではないので、クッションは装備されません。そのため快適な寝心地を得るには、マットレスなどで適度な弾力を付けてやる必要があります。

加えて寒い冬の時期は、シートが無い分マットレスを厚くする必要もあります。

スポンサーリンク

就寝可能人数は2+1

また、リアシートを折りたたむと、フロントシートを倒す事が出来なくなりますから、就寝可能人数は大人2人がいいところでしょう。子供が小さければ、川の字に寝ることでギリギリ3人までいけるかもしれません。

その代わりフロントシートはフリーとなりますので、荷物を積んだり、咄嗟の時は、荷物を後ろに押し込んですぐに運転する事も可能です。

大きなルーフボックスを使う事ができる

ルーフが長いので、セダンより大きなルーフボックスやキャリアを積むことができます。荷物をルーフボックスに積んでおけば、フロントシートで大人二人が仮眠する事もできます。その場合は、健康の事を考えて(エコノミー症候群などを予防するため)、夜中に後ろの人と交代する必要があります。この場合の就寝人数は4+1となります。まあ、これは災害時などを考えた非常用の就寝スペースですので、快適に眠ることはできませんが。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)