高齢者にオススメの車をご紹介!【コラム】


高齢者と一口に言っても、身体の状態はそれこそ十人十色で一概に「こう」と決めつけることはできません。

70歳を超えてもバリバリと仕事をこなしている人もいれば、歩くのがやっとという人もいます。

そこで今回は、その人の身体や精神の状態に合わせてどんな車がふさわしいのか、幾つかのパターンに分けてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

まだまだ元気という人には

まだまだ元気でそれほど衰えを感じないという高齢者には、「あえてこの車をどうぞ」といったオススメの車はありません。自分の好みやライフスタイルにピッタリと合った車を好きに選べば良いでしょう。

ただ、スポーツカーやSUVなど、若い男性が乗っていてもそれほど似合う事のなかった車が(羨ましい事に女性は若い時からどんな車も似合う)、髪に白いものが交じりシワの数が増えてくると途端にばっちりと似合い始めるのもこの世代の特徴です。

このチャンスを逃す術はありません。是非こういったかっこいい車を購入して、第二の人生を謳歌して欲しいと思います。

スポンサーリンク

ちょっと疲れやすいという人は

反射神経や空間把握能力に衰えは無いが、どうも最近は疲れやすくなったという高齢者には、乗り心地の良いセダンタイプの車をオススメします。

セダンは車の基本形ですから、物理的な運動性能や車のバランスは一番です。

空間把握能力に問題が無い人なら、マークXやカムリ、アコードやアテンザなどの中型セダンがオススメです。こららの中型セダンは、乗り心地も良くシートもしっかりとしているので疲れやすい人に最適です。

「中型セダンはちょっとお値段が」という場合は、小型セダンやコンパクト・ハッチバックでも問題ありません。

ただし、最近は同じ車種でもグレードによって高性能なスポーツサスを装備していることがあります。そのため、グレードを選ぶには、安い価格帯の普及グレードから選んだ方が良いでしょう。乗り心地やバランスといった面では、意外と普及グレードのほうが優れている事が多いのです。

といっても、実際に購入する時にはカタログだけで判断せず、試乗をして乗り心地を確かめる事もお忘れなく。

スポンサーリンク

少し身体の衰えを感じるという人には

「ボディの見切りが悪くなった」とか、「クルマの角をたまにぶつける」という人には、車高の高いコンパクトSUVや、見切りのいいコンパクトカーがオススメです。

「軽自動車の方がボディの把握がしやすい」といった考えもありますが、軽自動車はボディのあらゆる部分が華奢に作られています。そのため、もしもの時に搭乗員へのダメージが大きくなるといったデメリットがあります。また、コンパクトカーと比較すると軽自動車の方が車輌本体価格が安いイメージがありますが、コンパクトカーでも最廉価のグレードを選べばそれほど違いはありません。

反応速度が悪くなったという自覚のある人は、自動ブレーキ(プリクラッシュブレーキ)の装備されたクルマを選びましょう。もしもの時、あなたと同乗者、周りの歩行者の命を守る事に繋がります。

ヒヤッとする事が多くなったという人は

「ヒヤッとする回数が多くなった」とか、「クルマをしょっちゅうぶつける」、「周りの人から運転を控えるように言われる」といった高齢者の場合は、無理をせず運転免許証を返納した方が無難です。運転という事が高齢者の活力や生きがいに繋がっている事もあるので、そう簡単に返納を決断する事は難しいかもしれません。

しかし、万が一の事があってからでは取り返しが付きません。元気なうちから「上記のような症状が現れたら免許を返す」と決心しておくことで、体力が衰え始めてからスムーズに免許返納ができるように備えておきましょう。

最近は免許返納の時に「運転経歴証明書(ゼロ免許)」と呼ばれる、身分証明機能だけの免許証を発行してくれます。身分証明機能の必要な人はこのサービスを活用してください。ゼロ免許は、住所・氏名の変更はできませんし、更新制度もありません。また、発行は免許の取り消しを行う時だけに限られます。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

謎のアクセス減少地獄継続中!(2017年11月)

※記事を何百件入れてもドンドンアクセスが下がるので、記事更新を1にして、余力で過去記事の修正をしようかなあと思案中です。