新型 日産 ウイングロード 15M V Limited(3代目・2WD)【試乗評価】アクティブな趣味を支える、使い勝手の良い一台 [DBA-Y12]

日産ウイングロードのフロント

今回は「新型 日産 ウイングロード 15M V Limited(2WD)」を試乗レポート。
2005年にフルモデルチェンジした、5ドア・ステーションワゴンです。

ベースとなる車台には、ティーダやノートと共通する「Bプラットフォーム」が使われています。

現在はLクラスワゴンのステージアが消滅したため、同社で唯一のステーションワゴンとなります。

スポンサーリンク

外観

全長4440mmX全幅1695mmX全高1505mmのボディサイズを持ち、ホイールベースは2600mmとなります。

フロント

ステーションワゴンとしては短いノーズに、L字型の厳ついヘッドライトが装備されます。見る角度によってはミニバンのようにも見える重厚感のあるフロントフェイスです。

サイド

短いノーズに大きなキャビンが組み合わされ、ミニバンに近いシルエットをもちます。ルーフ形状はドライバー頭上で僅かに盛り上がっており、室内空間を広々と感じさせる効果があります。

リア

日産ウイングロードのリア

ブラックアウトされたDピラー(一番後ろの柱)と、ギュッと絞り込まれたキャビン形状によって、スポーティなリアエンドを構成しています。

スポンサーリンク

内装

日産ウイングロードの内装

プラスチッキーな質感の内装。シルバーのメタリック塗装も施されますが、塗装やクリア層が薄くおもちゃのような質感です。

たっぷりと頭上空間が確保されているため、室内には適度な余裕があります。

シート

日産ウイングロードのシート

立体的な形状のがっちりとしたフロントシートが装備されます。シートクッションにも適度なストロークがあるため、長距離でも十分快適に移動することができます。

リアシートは、座面の広さ、シートバックのサイズともに問題ありません。120mmのスライド機構が装備されるため、足元にLクラスセダン並のスペースを持たせることも可能です。

荷室

居住空間を優先しているため、ステーションワゴンとしてはちょっと荷室の前後長が短いです。といっても、セダンと違って上下方向にスペースがありますので、積み方を工夫すればかなりの荷物を積む事ができます。リアシートをぐっと前までスライドさせれば、家族4人でキャンプも可能です。

静粛性

ロードノイズ、エンジン透過音ともにそれなりで、クラス標準レベルの静粛性能を持ちます。また、巡航時はCVTによってエンジン回転が低く抑えられるため、さらに静粛性が高まります。

スポンサーリンク

エンジンとミッション

1498ccの直列4気筒DOHCエンジンに、CVT(無段変速機)が組み合わされます。
エンジンは、109ps/6000rpmの最高出力と、15.1kgf・m/4400rpmの最大トルクを発揮します。

車両重量1220kg。JC08モード燃費は、17.2km/lとなります。

エンジン

1.5Lのツインカムエンジンで前輪を駆動。やや高回転型の1.5Lエンジンに、そこそこの車重ですから、キビキビとした加速を得るという訳にはいきません。といっても、市街地で普通に流す程度であれば十分ですが。

トランスミッション

スムーズでクセの少ないCVT。

足回りとハンドリング

前輪にストラット式サスペンション、後輪にはトーションビーム式サスペンションが装備されます。

足回り

芯のある適度に柔らかな足回りです。良く出来たシートと相まって長距離運転も快適にこなす事ができます。高速域での安定性も申し分ありません。

目地段差でも不快な突き上げ感はありません。

ハンドリング

中立付近の不感地帯がやや大きいものの、ドライバーの操作に対して素直に反応する自然なステアリングフィールです。ロールスピードにも唐突なところが無く、安心してコーナーをクリアすることができます。

評価のまとめ

ミニバンに近いスタイリングと優れたスペース効率を持つ、5ドアのステーションワゴンです。

自然吸気の1.5Lエンジンですから、キビキビとした力強い走りは期待できませんが、市街地など平坦路をのんびり流すくらいなら不足はありません。

たっぷりの荷物と人を積み込んで、山や海へと積極的に遊び倒したい人にピッタリなクルマです。ただし、走行性能や乗り味にこだわりがある人には物足りないかもしれません。

あくまでも趣味や生活を影から支える、優れたツールとして存在意義の高まるクルマです。

価格

価格 | 2,068,200円(消費税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

修正ばっかりしてると新記事の投稿ができないんで、新記事3に対して修正1くらいの割合でやってます(2019年6月〜)