新型 フォード フィエスタ【試乗評価】操ることが楽しくなる稀代の名機 [ABA-WF0SFJ]


今回は「新型 フォード フィエスタ 1.0 EcoBoost」を試乗レポートいたします。
このフォードフィエスタは、2008年のモデルチェンジで4代目となりました。日本では2014年より発売されています。

フォードフィエスタ前面画像

スポンサーリンク

外観

全長3995mmX全幅1720mmX全高1475mmのボディサイズを持ち、ホイールベースは2490mmとなります。

アストンマーチンのような、スマートで情熱的なフロントフェイスが与えられています。「小さいくせに生意気」といった元気のいい可愛らしさがあります。

フォードフィエスタ側面画像

サイドビューは、長めのフロントオーバーハングに対して、リアのオーバーハングがスパッと短く切り取られており、フェラーリのようなバランスの良さを見せます。
ちょっと、後傾気味にレイアウトされたキャビンの効果で、今にも走り出しそうな躍動感があります。

フォードフィエスタ後部画像

リアビューは、前方からのキャビンやウィンドウ下端のラインが小さく収束しており、さらにその収束点の高い位置に小さめのリアコンビランプがレイアウトされ、ぎゅっと引き締まったスポーティな雰囲気を演出しています。

スポンサーリンク

内装

内装のデザインは、最近発売されたスズキのバレーノとちょっと似ています。しかし、フィエスタの内装はディティールがすっきりしているため、バレーノと比べると全体の印象が引き締まって見えます。
エアコンの吹き出し口から、メーターベゼルのデザイン、シフト周りなど細かく見ていっても、モダンでスタイリッシュな仕上がりで全く隙がありません。

ステアリングは、上下と前後に調整できるタイプで、幅広い体型の人に合わせることができます。

前席シートは、たっぷりとした厚みと適度な硬さがあり、身体をどっしりと支えてくれるドイツ車的な座り心地です。長距離の使用でも疲れることはありません。

後席シートは、絞り込まれたリアスタイルの影響で、少し居住空間が狭いです。ただ、シートの構造はしっかりとしたモノですので、小柄な人や短距離(20km程度)の使用であれば問題ありません。

荷室は、リアオーバーハングが短い割に、しっかりとした前後長が取られており、買い物や日帰り旅行程度であれば十分こなせます。また、リアシートを折りたたむことで、さらに大きな荷室として使うこともできます。

車内の静粛性は、ヨーロッパ向けコンパクトカーということもあり、ある程度の音は侵入してきます。ただ、エンジン音には気持ちの良いチューニングが施されているため、不快な感じはありません。

スポンサーリンク

エンジンとミッション

1000cc直列3気筒DOHCターボエンジンに、6速ATが組み合わされます。
エンジンは、100ps/6000rpmの最高出力と、17.3kgf・m/1400-4000rpmの最大トルクを発揮します。
JC08モード燃費は、17.7km/lとなります。車重は1160kgです。

1000ccと少ない排気量ながら、レスポンスの良いダウンサイジングターボで過給され、6速デュアルクラッチミッションと組み合わされた走りは、トルクフルで伸びやかな加速を見せます。

また、1400回転という低速域から17.3kgf・mの最大トルクを生み出しており、坂道や合流で力不足を感じるようなことはありません。

振動の出やすい3気筒エンジンですが、振動を抑えるための工夫が施され不快な印象はありません。逆に回す楽しさを感じさせる快活なエンジンサウンドと言えます。

足回りとハンドリング

前輪にマクファーソンストラット式サスペンション、後輪にはトレーリングアーム式サスペンションが装備されます。

素直なステアリングフィールで、ドライバーの思った通りのラインを正確にトレースしてくれます。
キビキビとした動きながら、乗り心地は快適です。

軽い車重と、トルクフルなエンジンを生かして、アクセル操作で車の姿勢を自在にコントロールすることができます。
そのため、人と車が一体になったような「車を操る楽しさ」を味わうことができます。

しなやかで懐の深いサスセッティングが施されているため、4つのタイヤがしっかりと路面を捉えている感覚が強く、安心してステアリングを切ることができます。
タイトなコーナーが続くワイディングでも、ヒタヒタと走り抜けていきます。

低速域では路面の段差をコツコツと拾いますが、ダンピングがしっかりと効いているため、不快な衝撃をドライバーに伝えることはありません。

評価のまとめ

1000ccのコンパクトカーにしては価格が高めですが、情熱的で個性的な外観と、職人的な精密さで磨き上げられた上質な乗り味を考えると、適正価格と言えます。

ヨーロッパでは、ポロに並ぶベストセラーカーとして高い知名度を誇りますが、ここ日本では、価格設定の高さと販売チャンネルの少なさから、路上でそれほど見かけることはありません。

そのため、人と同じ車に乗るのは嫌という人で、乗って楽しいかっこいいコンパクトカーが欲しいという人にピッタリな一台です。

今なら、フォード撤退に合わせて「購入資金55万円プレゼント」キャンペーン(2016年6月現在)が行われており、国産コンパクトカーと同じようなお得な価格で買うことができます。

価格

価格 | 2,360,000円(税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

猛暑のおかげでしつこい「切れ痔」も徐々に回復。病院にいくのは恥ずかしいのでこのまま自然治癒してくれ!(2018年7月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)