2018年に登場する、次期メルセデスベンツAクラスの内装デザイン【ニュース】

2018年に登場が予定されている、次期メルセデスベンツAクラスですが、今回、メルセデスベンツの主催するプレビューイベントで、その内装デザインが公開されました。

We’ve been inside the new A-class at a preview event.

引用:CAR Magazine website

内装の写真はリンク先を御覧ください。

スポンサーリンク

次期Aクラスの内装デザイン

上質な樹脂パッドとメタリックパーツ、LEDイルミネーションを巧みに組み合わせた、シンプルでありながら質感の高い内装デザイン。

現行型同様、エアコンの吹き出し口には丸いシルバーリングが踏襲されます。このリングには、ジェットエンジンを模したデザインが与えられ、スポーティでモダンな印象です。リング内部にも細かくLEDが配され、このクラスとしては非常に凝ったデザインとなっています。

メーターには、2枚の液晶ディスプレイが装備される

通常のメーターは装備されず、眼前には2枚の10.25インチ液晶ディスプレイが装備されます。ドライバー側のディスプレイが擬似的にメーターを表示し、中央寄りのディスプレイがインフォメーションディスプレイとして機能します。

センタートンネル

センタートンネルには、スマートフォンのようなタッチコントロールが装備され、フラットな部分を指でタッチすることによって、インフォメーションディスプレイを操作します。

タッチコントロールの横には2つのトグルダイヤルがあります。その一方には「DYNAMIC」の文字が表示されています。おそらく、サスやトランスミッションの調整をするためのものでしょう。

ドア

ドアグリップ上部には、メルセデスベンツ伝統のシート形状を模した「シート調整スイッチ」。ドア内張りには、上質な木目や本革、シボのついた樹脂パッドが巧みに貼り合わされ、Cクラス並の質感を実現しています。

シート

シートは、強固なバックシェルを持つ薄型のデザイン。メルセデスベンツのエントリークラスを担うAクラスですが、現行型同様、上質な質感が与えられるはずです。

スポンサーリンク

次期メルセデスベンツAクラスの登場時期

次期メルセデスベンツAクラスの発表時期は、2018年のジュネーブモーターショーを予定。

ホットバージョンの「A45 AMG」も同時に開発が進められており、こちらは少し遅れて2019年となります。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

猛暑のおかげでしつこい「切れ痔」も徐々に回復。病院にいくのは恥ずかしいのでこのまま自然治癒してくれ!(2018年7月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)