新型 トヨタ アクア クロスオーバー【試乗評価】コンパクトなハイブリッドカーをベースにした、お手軽なクロスオーバーSUV [DAA-NHP10H]

今回は「新型 トヨタ アクア クロスオーバー」を試乗レポート。
2011年に登場したコンパクトなハイブリッドカー「アクア」をベースに、最低地上高をリフトアップ(+30mm)。アウトドアテイストあふれる装飾を施したクロスオーバーSUVです。

2014年、最初のマイナーチェンジと同時に「X-URVAN」というグレード名で登場。2017年のマイナーチェンジで「クロスオーバー」という名称に変更されています。グレード名を聞いただけで、すぐに内容が分かるようになったわけです。

実際、この車がショールームに並んでいても、アウトドアテイストが控えめすぎて、ひと目で「クロスオーバーSUV」と気づかない人も多いでしょう。まあ、その控えめなところが魅力でもあるんですが・・・。

※忙しくてあまり時間の無い人は、文末の「試乗評価のまとめ」をどうぞ。

スポンサーリンク

外観

全長4060mmX全幅1715mmX全高1500mmのボディサイズを持ち、ホイールベースは2550mmとなります。

リフトアップされた最低地上高と、アウトドアテイスト溢れる装飾が施され、標準グレードのアクアよりも一回り大きく、威風堂々とした佇まいをみせます。

フロント

グリルとバンパーのエアーインテークが一体となったアクアに対して、クロスオーバーは、グリルとエアーインテークで二段構えとなる力強いデザイン。

4枚のフィンで装飾されたフォグランプと、がっしりとしたスキッドプレートが追加され、アグレッシブで逞しいフロントフェイスを構成しています。

サイド

前後ギリギリまで詰められたオーバーハング(タイヤからボディ端までの長さ)と、長いホイールベースによる伸びやかなサイドビュー。黒いフェンダーモールやルーフモール、専用16インチアルミホイールが装備され、全体の印象をギュッと引き締めています。

リア

シンプルなアクアのリア周りに、スキッドプレートや台形型のブラックモールドが装備され、凝縮感のあるリアエンドを構成しています。

スポンサーリンク

内装

内装デザインは基本的にアクアと大差ありません。ただ、白いインパネパッドやピアノブラックのセンタークラスターが装備され、少しだけ質感が向上しています。

センターメーターには標準グレードのアクアと同様、鮮やかなTFT液晶パネルがはめ込まれます。大きく見やすいデザインで、視認性、使い勝手ともに良好です。

30mmリフトアップされた最低地上高によって、乗り降りのしやすさと見切りの良さ、アップライトなポジションによる運転のしやすさを手に入れています。

シート

前席には、合皮とファブリックのコンビシートが装備されます。オフホワイト&ブラックのシックなカラーが採用されていますが、アウトドアテイストを表現するならもう少し快活な色使いも欲しいところです。

やや体圧が集中しがちですが、中距離(30km)程度の移動であれば問題ありません。

後席は、シートサイズ、空間ともに成人男性二人が座っても問題ありません。

荷室

コンパクトカーとしては標準的なサイズの荷室。家族4人であれば、1泊2日旅行くらいは可能です。

静粛性

ややロードノイズが気になるものの、スムーズなハイブリッドシステムが搭載され、室内の静粛性は高いです。

スポンサーリンク

エンジンとミッション

1496ccの直列4気DOHCエンジン+電気モーターに、CVT(無段変速機)が組み合わされます。
エンジンは、74ps/4800rpmの最高出力と、11.3kgf・m/3600-4400rpmの最大トルクを発揮します。
また電気モーターは、61psの最高出力と、17.2kgf・mの最大トルクを発揮します。
車両重量1100kg。JC08モード燃費は、34.4km/lとなります。

エンジン

1.5Lエンジン+電気モーターによるハイブリッドシステムで前輪を駆動。出だしではたっぷりとした低速トルクを使って、キビキビと力強く加速。中高速域でもエンジンと電気モーターを協調させて、スムーズかつ俊敏な走りをみせます。アクアと比較するとトルクの出方が穏やか。

回生ブレーキとディスクブレーキが上手く強調して、スムーズに制動力が立ち上がります。

トランスミッション

ベルトとプーリーによって連続的に変速するCVTを装備。

乗り心地とハンドリング

前輪にマクファーソン・ストラット式サスペンション、後輪にはトーションビーム式サスペンションが装備されます。

乗り心地

キビキビ感の強いアクアに対して、重厚感のあるしなやかな乗り心地。

目地段差ではバタバタと路面の衝撃を若干車内に伝えます。

ハンドリング

穏やかなロールを伴ったマイルドなハンドリング。ハンドリングスピード自体は遅いものの、ドライバーの入力に対して素直な反応でこたえます。

標準グレードのアクアと比較すると最小回転半径が大きくなり、狭い路地や駐車場では何度か切り返すことになります。

その他

先進安全技術「Toyota Safety Sense C」を装備。

このシステムには、レーザーレーダーと単眼カメラを組み合わせた、「プリクラッシュブレーキ(自動ブレーキ)」、「レーンディパーチャーアラート(車線逸脱警報)」、対向車を検知してハイビームを切り替える「オートマチックハイビーム」、急発進による被害を軽減する「ドライブスタートコントロール」などが含まれます。

試乗評価のまとめ

取り回しの良いコンパクトなボディと、優れた燃費性能を持つ「アクア」をベースに、アウトドアテイスト溢れる外装を施したクロスオーバーSUVです。

SUVといっても最低地上高が30mmリフトアップされているだけで、それほど高い悪路走破性は望めません。「使い勝手の良いコンパクトカーが欲しいが、平凡な外観では物足りない。なんとかして手軽にアウトドアテイストを楽しみたい」と考えている人にオススメの車です。

中古車市場では

価格

価格 | 2,062,800円(消費税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

猛暑のおかげでしつこい「切れ痔」も徐々に回復。病院にいくのは恥ずかしいのでこのまま自然治癒してくれ!(2018年7月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)