フィアット500Lに新しい3つのヴァージョンが加わる!【ニュース】

イギリスの自動車情報サイト「CAR Mgazine website」によると、「フィアット500L」に新しい3つのヴァージョンが追加されます。

ヴァージョン名は、「アーバン」、「クロス」、「ワゴン」の3種。

スポンサーリンク

フィアット500Lとは?

全体のイメージは「フィアット500」を踏襲しているものの、実際の内容は全く異なります。「フィアット・プント」のプラットフォームを流用して作られた、コンパクトな5ドア・ミニバンです。

そのため、ボディサイズもフィアット500より大きく、ゆったりとした室内と、余裕のある荷室を実現しています。背が高いトールボーイスタイルなので、実際のサイズよりも広々とした印象を与えます。

現在、ボディバリエーションとして、「ベーシック」と「トレッキング」、「リビング」3つのヴァージョンが用意されています。

魅力的なボディを持つフィアット500Lですが、残念ながら日本市場で販売はされていません。

スポンサーリンク

現在販売されているヴァージョン

現在発売されているヴァージョンを簡単に紹介。

ベーシック

なにも加飾の施されていないシンプルなミニバンスタイルです。500Lの魅力が簡潔に表現されています。

トレッキング

今流行のクロスオーバーSUVルックです。地上高が上げられ、大きな17インチホイールによってアクティブなイメージが演出されています。フロントとリアにも僅かに手が加えられ、アウトドア感を存分に感じさせます。

リビング

ベースグレードから全長を210mm延長、さらに全高を10mm高め、元々広々とした500Lの室内と荷室空間をさらに拡大しています。この「リビング」の最大と特徴は、3列目シートを加えることで7人乗りとしている点です。3列目シートは緊急用の小さいシートですが、「たまに沢山の人を運ぶ事がある」という人には嬉しい機能です。

スポンサーリンク

新しく追加されるヴァージョン

今回フィアット500Lに新しく追加されるヴァージョンは、「アーバン」、「クロス」、「ワゴン」の3種です。

アーバン

「ベーシック」モデルに、僅かな変更が加えられています。クロームメッキパーツの追加や、ルーフのブラックアウト化が施され、さらに上質なスタイリングとなっています。

クロス

前期モデルの「トレッキング」に相当するヴァージョンです。最低地上高が拡大され、17インチホイールと逞しい外観により、アクティブなアウトドア感を演出しています。フロントグリルには4つの四角い枠が連続的に施され、「トレッキング」よりもさらにゴテゴテとしたラギッド感を感じさせます。

ワゴン

「ワゴン」は前期モデルにあった「リビング」と同様に全長と全高の拡大、3列シートによる7人乗りが実現されています。クロムメッキパーツが施されますが、ルーフはツートンカラーとなります。

このように、新しい3つのヴァージョンは、それぞれ前期型にあった既存のヴァージョンの焼き直しにすぎません。ただし、新しいサブネームを新設することによって、新鮮なイメージを500Lにもたらしています。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

修正ばっかりしてると新記事の投稿ができないんで、新記事3に対して修正1くらいの割合でやってます(2019年6月〜)