3代目 日産 マーチ 12c(K12・2004年)【旧型レポート】個性あふれる魅力的な外観 [CBA-AK12]

今回の旧型レポートは「3代目 日産 マーチ 12c(K12・2004年)」です。
この3代目 日産マーチは、2002年にモデルチェンジが行われたコンパクトな5ドア・ハッチバックです。

ライバルにヴィッツやフィットなど魅力的な車が揃いますが、個性的なスタイリングとよくに詰められたバランスの良い内容が受け、当時は日産のベストセラーカーとなっていました。

スポンサーリンク

外観

全長3695mmX全幅1660mmX全高1525mmのボディサイズを持ち、ホイールベースは2430mmとなります。

可愛らしい外観を持つコンパクトな車です。当初は、3ドアと5ドアがラインナップされていましたが、2005年以降は5ドアモデル一本に絞りこまれています。

豊富な外販カラーが用意されており、自分の好みに合わせて好きな色のマーチを選ぶことができます。

秋ろーはこのマーチのスタイリングが好きなんですが、実際に自分が買って乗ると考えると、かわいらしすぎてちょっと躊躇してしまいます。

フロント

パキッとした線でフロントフードとフェンダーが分けられた、面白いフロントフェイスです。高い位置にヘッドライトユニットが装備され、出目金のようなユーモラスな雰囲気を持ちます。

サイド

フロントフェンダーから立ち上がったクッキリとしたラインは、そのままショルダーラインと一体になってリアフェンダーへと続きます。

このラインによってキャビンとボディを二重構造に感じさせる効果があります。同時期に開発された「リーフ」を彷彿とさせるようなサイドビューです。

サイドプロテクションモールをオプションで装備すると、とたんにルノーのような雰囲気になります。マーチにはある程度ルノー・デザイン部の手が入っているのかもしれません。

リア

丸いカプセルのようなふくらんだリアウィンドウ、二重構造によって分割されたボディとキャビンがあいまって、複雑な立体感を形作ります。コンパクトカーとは思えない複雑な表情です。

スポンサーリンク

内装

ルーミーなガラスエリアによって車体の見切りは抜群です。出目金のようなヘッドライトがボディサイドにレイアウトされるため、ボディ幅をつかみやすくする効果があります。

丸くポロンとしたデザインのステアリングは日本車離れしたセンスの良さを感じさせます。左右に広がるインパネデザインにより、実際以上の広々感が感じられます。

シート

フロントシートには、ちょっと小ぶりですが、あたりのやわらかいソフトなシートが装備されます。かといって体圧が集中しすぎるということもなく、たっぷりとしたストロークでがっしりと体を支えてくれます。

コンパクトカーとしてはホイールベースが長めに取られているため、後席スペースには適度なゆとりがあります。

荷室

コンパクトなハッチバックボディのため、荷室スペースはそれなりです。2人で2泊3日程度の旅行であれば十分にこなすことができます。

静粛性

安いコンパクトカーですから、静粛性はそれなりです。アクセルを強く踏み込むと、エンジンノイズが高まります。

スポンサーリンク

エンジンとミッション

1240ccの直列4気筒DOHCエンジンに、4速ATが組み合わされます。
エンジンは、90ps/5600rpmの最高出力と、12.3kgf・m/4000rpmの最大トルクを発揮します。

車両重量は940kgで、10モード/10・15モード燃費は、19.0km/lとなります。

エンジン

1.2Lのツインカムエンジンで、前輪を駆動します。実用的なトルクが備わる扱いやすいエンジンです。ただし、スムーズさとか静かさといった部分は今ひとつです。坂道などでアクセルを踏み込めば、ガーガーとガサツなエンジン音を発します。

4輪駆動モデルには、前輪のスリップをコンピュータが検出すると、後輪に装備された小型の電気モーターで駆動力を発生させるという面白いシステムが組み込まれます。

トランスミッション

非力な小型エンジンをしっかりと回す事で、十分なパワーを発生させます。スムーズさといったものはありませんが、実用的で賢いトランスミッションです。

足回りとハンドリング

前輪にストラット式サスペンション、後輪にはトーションビーム式サスペンションが装備されます。

足回り

ストロークのたっぷりとしたソフトなシートと、柔らかなセッティングの足回りによって快適な乗り心地です。路面の段差でも不快な振動を感じることはありません。

ハンドリング

ゆったりとしたロールを伴った自然な操舵フィールです。ステアリングの操作量に対して、車がリニアに向きを変えていきます。ごく普通のコンパクトカーといった感じで違和感はありません。

車体がコンパクトなので最小回転半径が小さいです。

評価のまとめ

実用的で使い勝手の良いエンジンとよくできたシャシー、魅力的なスタイリングが備わるバランスの良いコンパクトカーです。

ライバルのヴィッツやフィットと比べてもしっかりと差別化がされており、マーチならではの魅力が感じられます。

柔らかくて優しいデザインが好きという人には、このマーチのスタイリングが一番ぴったりとハマります。

価格

新車当時の価格 | 1,149,750円

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

修正ばっかりしてると新記事の投稿ができないんで、新記事3に対して修正1くらいの割合でやってます(2019年6月〜)