路肩ギリギリに車を寄せる方法【運転のコツ】

路肩に停めるチンクエチェント

車の運転を上手に見せるには、一発で車庫入れを決めたり、ギリギリのスペースを使って縦列駐車を軽々とこなすなど、一見難しそうな技を涼しい顔でやってのけるのが効果的。

「路肩ギリギリに車を寄せるテクニック」は、そんな難しそうなテクニックの中でも、ちょっとしたコツと練習で比較的簡単にマスターのできるお得なテクニックです。

狭い路地で大型トラックとすれ違う時、路肩ギリギリに車を寄せて涼しい顔でトラックをやり過ごせば、同乗している彼女(彼)のあなたへの評価はぐっと高まるに違いありません。

逆にガリガリと縁石にアルミホイールを擦りつけたり、対向車の運転手に誘導してもらうようでは台無しです。今から紹介するテクニックを覚えて、しっかりと練習しておきましょう。

スポンサーリンク

ボンネットと路肩の交わるポイントで路肩を判断する

路肩ギリギリに車を寄せるには、自分の車の車幅感覚をセンチ単位で正確に身体に覚え込ませる必要があります。

といってもこんな精度の高い感覚を、誰もが簡単に身につけられるわけではありません。そこでご紹介する方法は、車のボンネットと路肩の交わるポイントで車の位置を判断する方法。

ドライビングポジションはいつも同じ位置に

まず、この方法の前提条件として、「いつも同じドライビングポジションを取る」といった事が必要になります。シートにメモリー機能があればこれを使って同じ位置に調整してください。そんな便利機能は無いという人は、一度適切なドライビングポジションを決めたら簡単には変えないといった事で対処します。

また、「適切なドライビングポジションの取り方」を頭に入れておく事でも同じ位置に調整できます。調整方法については下のリンクを参照してください。↓

【運転のコツ】正しいドライビングポジション

安全な場所で練習

ドライビングポジションが決まったら、実際の路肩に寄せる前に安全な場所で練習をします。車や人のいない空き地や駐車場ならいうことありません。

駐車場に白線や割れ目など目印となるラインがあれば、それを路肩と想定して練習を行います。空き地の場合は、自分で地面にラインを引いておきましょう。白線なら寄せすぎて車を壊す心配はありません。

白線に車を寄せていく

後はこの白線に向けて車を寄せていくだけです。ギリギリまで寄せきったと思ったら、車を降りて白線と車の位置関係を確認してください。始めのうちは予想以上に白線とボディが離れていてビックリするかもしれませんが、これを繰り返していくうちにドンドン精度が増していきます。

路肩の位置を確認する手軽な方法

といってもこの練習方法では少々時間が掛かりすぎますね。そこでオススメする手軽な方法は、白線とボディがピッタリと合っている時、運転席からの視点で白線がボンネットのどの位置にあるか確認する方法。

ボンネットには複雑なラインや凸凹がありますので、その位置と白線の関係を覚えておくわけです。あとは実際に路肩に車を寄せる時、このポイントに路肩のラインを合わせるだけです。

ボンネットがツルンとしていて目印になるものが無いといった場合は、白線のラインを頭の中で延長して、ダッシュボード(フロントウィンドウ下端)のどの位置と交わるか確認します。この場所にも目印が無いという場合は、粘着力の弱いポストイットなどを貼っておけばいいでしょう(エアコンの吹き出し口にポストイットを落とさないように)。

スポンサーリンク

練習を繰り返すうちに本当の車両感覚が身についてくる

この確認方法のメリットとしては、「手軽に車両感覚が身につく」という事の他に、「知らないうちに本当の車両感覚が身につく」という事もあります。

本当の車両感覚が身につけば、ダッシュボードにポストイットを貼る必要はありませんし、車を買い替えてもすぐに対応することができます。

ただし、始めにも書いたように「正しいドライビングポジションを取る」という事が大前提。乗る度に違うドライビングポジションを取れば、視点が定まらず一度確認したボンネット上のポイントもまったくあてになりません。

スポンサーリンク

後退(バック)の方が路肩に幅寄せしやすい

路肩に幅寄せして停車する時は、始めに左側のドアを開けるスペースを残して停車し、助手席の人を降ろします。

その後、さらに幅寄せして路肩ギリギリに停車しますが、この場合は前進しながら寄せるよりも後退しながらの方が簡単。後退の場合は、左側ミラーを少し下側に向け、左後輪と路肩の位置関係を目視で確認できるからです。

この時の注意点としては、タイヤのサイドウォール(横側の柔らかく膨らんだ部分)を縁石や段差にヒットさせないといった事があります。タイヤのサイドウォールはトレッド面(地面と接触する面)と比べると薄く柔らかいため損傷しやすいのです。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)