【運転のコツ】正しいドライビングポジション

正しいドライビングポシションは、疲労の軽減と共に、安全運転にもつながる大事な要素です。

スポンサーリンク

腰をシートの奥まで入れる

シートの奥までしっかり腰を入れて座り、骨盤を立てるように気をつけます。こうすることで、骨盤を適正な位置に固定できるため、腰痛を防ぐ事ができます。
また、腰がシートの奥に固定されることで、ブレーキング時の腰の遊びが無くなり、しっかりと強い力でブレーキングする事ができます。
シートの出来が悪く腰が奥に固定できない場合は、対処療法として薄いタオルを何枚か重ねて調整することで、シートの座り心地を改善できる場合があります。

スポンサーリンク

目線を高く

最近の車はコンパクトカーであっても、「シートリフター」というシートの座面高を調整するためのレバーが装備されている場合が多いです。
(分からなければ、車を買ったディーラーにお聞きになるか、車検証と一緒に車内に積まれている、取り扱い説明書を読んでみてください)

まず、このシートリフターにより、なるべく目線が高くなるように調整します。
高くするといっても、頭の上に10センチ程の空間は確保しておいてください。
もちろん、ペダル類に足が届かなくなるほどやる必要はありません。
つまり自分の体型に合わして、出来るだけ高く設定するということです。

目線が高くなる事で、周りの視覚情報をつかみやすくなり、また疲れやストレスの軽減にもなります。

スポンサーリンク

シートの前後位置を合わせる

まず、左足をフットレストに乗せ、ぐっと軽く踏ん張ってみてください。
この時、膝が少し曲がって、膝の下がシートから少し浮くくらいのポジションにシートの前後位置を調整します。
浮くといっても、手の平がぎりぎり入るくらいで十分です。
これにより、コーナリングや荒れた路面などで身体を固定しやすくなり、また身体も疲れにくくなります。

背もたれを調整する

まず、ステアリングの12時の位置を握ってください。
このとき、肩が背もたれから浮かず、また肘も少し曲がるくらいの位置に背もたれの確度を調整します。
ステアリングが前後と上下に調整できるタイプの場合、合わせてこれも調整してください。
これにより、どんな状況でも確実な操作ができる、ドライビングポジションを取る事ができます。

ヘッドレストを調整する

ヘッドレストの位置を調整して、自分の耳の位置より、ヘッドレストの中心が上に来る様にします。

レストという言葉から、頭を休める為のものと思われがちですが、ヘッドレストは乗員の頸椎を守る為の安全装置です。
また交通事故の内、車対車の割合が8割、そのうち頸椎を損傷する人は4割もいると言われています。
しっかりヘッドレストを調整して、万が一の安全に備えましょう。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)

パリモーターショー行きたい(2018年10月)