【運転のコツ】雪道の運転

スポンサーリンク

アイスバーンが一番すべりやすい

雪道ではスタッドレスタイヤを履いていても、油断しないでください。
雪に隠れて実際の路面状況は確認できない場合もありますので、あくまでゆっくりとしたスピードで走り、ブレーキやアクセル、ハンドルの操作もゆっくり丁寧に行うようにしてください。

雪道の中でも一番滑りやすいのが、アイスバーンと呼ばれる凍結路です。中でもドライバーの視点からは、路面が真っ黒に濡れているように見える「ブラックアイスバーン」という状態が特に滑りやすく注意が必要です。

このブラックアイスバーンは、特に交差点や車の出入りの激しい場所で起こりやすく、路面の凍結が目視で確認できない時でも、走行には注意が必要です。

また、橋の上や少し小高い丘になっている頂上の部分、その他には見えない水路が道路の下を通っている場所などにも、路面は凍結しやすくなります。

普段からこういう場所を頭に入れておけば、突然の雪や凍結でも慌てる事は少なくなります。

アイスバーンの上をどうしても通らなければならない時は、アイスバーンの部分をなるべく避けるか、それが無理なら片輪だけでも雪や凍結していない場所を通るようにしてください。スタッドレスタイヤは雪の上ならある程度グリップするように設計されています。

スポンサーリンク

雪の上ではハンドルとブレーキを同時に操作しない

雪の上では、ハンドルを切りながらブレーキを踏んだり、ハンドルを切りながらアクセルを踏んだりしないでください。
いくらスタッドレスタイヤでも、ハンドルによる横のグリップと、ブレーキやアクセルによる縦のグリップを両立させる事は難しく、車が不安定になってしまいます。

コーナーに入る前にしっかりブレーキで減速しておき、コーナリング中は一定速度で走行しながら、余裕をもってハンドルを切ってください。
コーナー脱出の際も、しっかり車が直進状態になってから、アクセルを踏んで加速してください。

スポンサーリンク

雪道で滑った場合の対処

万が一、雪道で滑った時のために覚えておいて欲しいのが、滑ったと思ったら、その時にしていた動作を止めるという事です。

ハンドルを切って滑ったらハンドルを戻す、ブレーキを踏んですべったらブレーキを戻す、アクセルで滑ったのならアクセルを戻すということです。

ハンドルを急に切りすぎて車が滑った場合、あわててさらにハンドルを切り込むと、車はさらに不安定になってコントロールを完全に失ってしまいます。こういう時はハンドルを元の位置に戻してやる事で、グリップを取り戻す可能性が高まります。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)

切れ痔がぶり返してきたー!(2018年10月)

パリモーターショー行きたい(2018年10月)