車両感覚のつかみ方をぐっと上達させる小技6つ【運転のコツ】

運転する人

初心者や車を運転する機会の少ない人の中には、車両感覚に苦手意識を持っている人も多いです。

そんな人たちに向け、このコーナーでは以前から車両感覚のつかみ方、もしくは練習方法について何度か記事にしています。

今回はこれまでの練習方法に加え、さらに車両感覚の精度を高める小技をいくつか紹介します。

あくまでも小技ですから、それほど努力を必要とするものはありません。気に入った小技を幾つか覚えて暇な時にでも実践してみてください。

スポンサーリンク

実際の駐車位置と自分の車両感覚の誤差をこまめに修正する

車輌感覚をさらに磨くには、以前紹介した練習方法に加え、自分の感覚と実際の車輌位置とを小まめに確認して調整することが大切です。

例えばスーパーの駐車場では、「駐車スペースのちょうどど真ん中に車を停める」とか、「目安のラインから10cm程度の余裕を取って停める」なんて具体的な目標をもって停車します。

車を停めてシフトを「P」に入れサイドブレーキを引いたら、車を降りて実際に自分の車が停まっている位置を確認してみましょう。慣れないうちは、イメージしていた場所と実際の位置が大きくズレていて驚くかもしれません。しかし、これを何度も繰り返しているうちにドンドン車両感覚の精度が増していきます。

中には「いちいち車を降りて確認するのは素人臭くてかっこ悪い」なんて思う人もいるでしょう。しかし、一発でピタリと駐車するベテランドライバーほど、こういった確認作業をキッチリとやっています。どうしても恥ずかしいという人は、人のいない時にやるとか、それとなくチラッと見るだけでも十分です。

スポンサーリンク

前車との適切な車間距離をつかむ

信号待ちで前車の後ろに停車する場合、前車のバンパーやリアコンビランプ、タイヤの位置などが一定の車間距離を保つための重要な目安となります。

といってもこの位置関係は、自分の車の形やシートポジション、自分の体型によっても微妙に変わるため、いくつかのパターンに分けて自分なりに記憶しておく必要があります。

例えば、自分がセダンやクーペといった背の低い車に乗っている場合、ボンネットのラインと前車のタイヤ、もしくはリアバンパーが重なる位置が適正な車間距離となります。

ただし、目安となる位置関係を覚えても、車に乗る度に自分のシートポジションを変えていたのでは意味がありません。シートポジションはしっかりと適正な位置に固定することが前提です。

スポンサーリンク

目線を上げて車両感覚をつかみやすくする

ドライバーの目線が高い場合、ボディの四隅を上から見下ろすように確認できるため、非常に車両感覚がつかみやすくなります。車高の高いSUVが、大きなボディの割に車両感覚をつかみやすいのはこの為です。

背の低いセダンやクーペ、コンパクトカーといった車の場合、シート座面の高さを調整する「シートリフター」が装備されていれば、それを調整する事によって目線の高さを上げることができます。元々座高の高い人の場合は、屋根の高さがつかえてそれほど高くする余裕はありませんが、小柄な人の場合はシートリフターを最大限まで上げて、見える範囲を大きく拡げることが可能です。

これは練習や追加費用のいらない簡単な小技です。自分の車にシートリフターのある人は一度お試しください。

ドアミラーを使った車両感覚のつかみ方

車の運転中は安全確認のため何度もドアミラーを確認する必要があります。この時、余裕があれば白線がドラミラーのどの位置にあるか、時折確認してみましょう。普段の練習で白線と車輌の位置関係がしっかりと頭に入っていれば、今、自分の車が車線内のどの位置を走っているか正確にイメージできるはずです。

これを繰り返すことで徐々に車と自分のイメージとの一体感が高まり、どんな時にでも瞬時に車輌の正確な位置がイメージできるようになります。

タイヤの正確な位置を把握する

狭い場所で路肩ギリギリに車を寄せ、対向車とすれ違うような場合。自分のタイヤがどの位置にあるのか、正確に把握しておくことがとても大切です。

このタイヤの位置を正確に把握する方法としては、タイヤが上を通過することで「ガー」っという異音を発生する特殊な白線が役に立ちます。

本来は白線やセンターラインからのはみ出しを警告するための機能で、白線の表面に細かな凸凹が細工してあり、この上をタイヤが通ることで共鳴音を発生する仕組みです。

この白線を見つけたら、見通しの良い場所で周りに車の走っていない事を確かめ、ジワジワとこのラインに車を寄せていきます。異音の発生するタイミングと自分の車両感覚とのズレによって、車両感覚を調整することができます。

駐車場をつかった内輪差感覚のつかみ方

車両感覚の最後は、右左折の時に発生する前輪と後輪の通る位置がずれる現象、いわゆる「内輪差」の把握についてです。

内輪差はその車両によって微妙に異なります。そのため、初心者だけでなく新しい車を購入した場合も確認することが大切です。

まず、車の内輪差を把握するには、車の少ない空いた駐車場を使います。

左の内輪差を確認する場合は、駐車場の通路を本線。駐車スペースを脇道と想定。本線左端を走りながら直進していきます。目的の駐車スペースが近づいてきたら、左タイヤを駐車スペースの左ラインに合わせながら左折してください。

次に、車のボディ半分が駐車スペースに入ったところで停車。車を降りてタイヤの位置を確認します。左前輪の通ったラインのさらに内側を左後輪が通ろうとしているはずです。これがあなたの車の内輪差です。しっかりと覚えて正確な内輪差を自分のものにしてください。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

猛暑のおかげでしつこい「切れ痔」も徐々に回復。病院にいくのは恥ずかしいのでこのまま自然治癒してくれ!(2018年7月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)