ブレーキクリーナーとは(効果と使い方)【ケミカル用品の紹介】

ブレーキは、大きなエネルギーで動く車を瞬時に停止、もしくは減速させるために無くてはならない重要なパーツ。

ブレーキは、内部のブレーキローターとブレーキパッドを強く押し付け合うことで、車の運動エネルギーを熱エネルギーに変換して減速してます。そのため、この内部機構に「滑り」の元となる油脂分などの汚れが付着していると、本来の性能を発揮できません。

ブレーキクリーナーは、こういったブレーキに付着した汚れをキレイに除去するためのケミカル用品です。

スポンサーリンク

ブレーキクリーナーの概要

ブレーキパッドを交換する時は、可動部分に潤滑系のケミカル用品を塗布してくと作業がグッとやりやすくなります。潤滑剤によって可動部分の動きが良くなるからです。ただし、ブレーキパッドやローターの摩擦面に潤滑剤を塗布してはいけません。車を停止しようとブレーキを踏んでも、ブレーキパッドとローターが滑って十分な制動力が得られなくなります。

万が一、ブレーキパッドやライニング、ローターに「潤滑系のケミカル用品(潤滑剤)」が付着した場合は、すぐに「ブレーキクリーナー」を使って汚れを除去しておきましょう。

呉工業から発売されている「ブレークリーン」は、こんな時に便利なスプレータイプのブレーキクリーナー。

スプレータイプですから、複雑な機械部分を分解することなく、内部をキレイに洗浄することができます。加えてスプレー缶を逆さにしても噴出力が維持されますから、手元のスペースに余裕の無い深く入り組んだ場所にも比較的簡単にスプレーできます。

揮発性が高いため、スプレーした後は汚れを浮き上がらせて下へと流れ、素早く蒸発。面倒な拭き取り作業もいりません。

油脂分を洗い流す力が強いため、ブレーキパッドの洗浄だけでなく、油脂分の付着した機械や固く固着した鍵穴などの洗浄も可能です。

スポンサーリンク

ブレーキクリーナー(ブレークリーン)の使い方

ブレーキクリーナー(ブレークリーン)を使うには、まず缶を軽く2、3回カラカラと振って、内部の成分を混ぜ合わせます。次にキャップにはめ込まれているストロー状の細いノズルを外し、スプレー缶の先端に装着してください。

ブレーキパッドやキャリパーに吹き付ける場合は、車をジャッキアップしてタイヤホイールを外します。この時、リジッドラック(ウマ)があればボディ下側に装着しておきましょう。さらに安全性を高めるため、ボディ下側にブロックや外したタイヤを挟み込んでおきましょう。

タイヤホイールを外すと、すぐにブレーキローターとキャリパーが露出しますので、まずはブレーキキャリパーにブレーキクリーナーを吹き付けます。

一番油脂分や汚れを落としたいのは、ブレーキパッドとブレーキローターの摩擦部分です。その部分には、特に念入りにスプレーをしておいてください。スプレーが油脂分や汚れに吹き付けられると、すぐに黒い液体となって下へ流れ落ちていきます。

続けてブレーキローター全体にも満遍なくスプレーしておきましょう。ブレーキクリーナーは揮発性が高いため、流れ落ちた後はすぐに蒸発して拭き取る面倒がありません。

スポンサーリンク

ブレーキクリーナー、使用上の注意点

ブレーキクリーナーは汚れや油脂分をあっという間に流し落とす優れた洗浄剤です。しかし、潤滑剤を必要とする場所に間違ってスプレーすると、本来その機械が必要とする潤滑性まで奪ってしまいます。スプレーする場所の近くに潤滑性を必要とするパーツがある場合は、あらかじめ新聞紙やウェスなどでスプレーが掛からないようにマスキングしておいてください。

また、ブレーキクリーナーを汚れや油脂分にスプレーすると、すぐに汚れを浮き上がらせて下へと流れ落ちます。作業をする場所を汚したくない場合は、トレーなどで汚れを受け止めるといいでしょう。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

猛暑のおかげでしつこい「切れ痔」も徐々に回復。病院にいくのは恥ずかしいのでこのまま自然治癒してくれ!(2018年7月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)