伝説の名車 BMW 2002 ターボが復活!【ニュース】

2016年5月、ドイツのBMW社が往年の名車「2002ターボ」を、イタリアのクラシックカーイベント「コンコルソ・デレガンザ・ヴィラデステ」でワンオフカーとして復活させました。この車には「BMW2002オマージュ」という名前が与えられています。

「BMW2002オマージュ」のモチーフとなった「2002ターボ」は、BMWがかつて1966年から発売していた「02」シリーズのターボバージョンです。

この「2002ターボ」は1973年に量産車として初めてターボが搭載されたモデルです。またツーリングカー選手権においては、それまでライバルであったポルシェを圧倒的なスピードとパワーで打ち負かした記念すべきモデルでもあります。

スポンサーリンク

ベース車両は最新型M2クーペ

「BMW2002オマージュ」のベース車両には、最新型「M2クーペ」が使われています。

ベース車両のM2クーペはちょっとづんぐりとした印象のスタイリングですが、「BMW2002オマージュ」ではそのずんぐり感が、大げさなワイドフェンダーによって迫力あるスタイリングに昇華されています。

スポンサーリンク

ツーリングカーをイメージした新カラー登場!

BMWではさらに、この「BMW2002オマージュ」をベースとした新しいカラーリングのマシンを2016年8月に発表しました。

当時ポルシェを打ち負かした伝説のカラーリングをベースにペイントされており、鮮やかなオレンジとブラックのコントラストがスポーティで魅力的です。

ツートンカラーとなったことで、ベースの「BMW2002オマージュ」よりもぐっと引きしまった印象です。「BMW2002オマージュ」はワンオフカーのため、ディティールに手作りならではの荒さが感じられたのですが、この新カラーでは複雑なペイントによりうまくその荒さが隠れています。また「BMW2002オマージュ」の厳ついフロントフェイスと相性も抜群です。

この3車を、あえて欲しい順に並べると、独断と偏見で「M2クーペ」→「BMW2002オマージュ(ツーリングカーVer)」→「BMW2002オマージュ」という順になります。皆さんはいかがですか?

スポンサーリンク

その他のオマージュシリーズ

このオマージュシリーズには、この他に「3.0 CSLオマージュ」と、オートバイの「スーパーチャージャーR5オマージュ」が存在しています。

3.0CSLの独特のスタイリングとカラー、懐かしいですねー。秋ろーはオマージュよりもオリジナルの方が断然好きです。

オートバイのR5オマージュは、車のオマージュシリーズと違って、クラッシックな趣がたっぷりと感じられます。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)

パリモーターショー行きたい(2018年10月)