BMW Concept Z4、東京モーターショー2017で日本初公開!ワイド&ローのスポーティな外観がカッコいい【ニュース】

BMW Z4 Conceptのフロント

2017年10月25日から11月5日にかけて開催された「東京モーターショー2017」において、BMWジャパンは「BMW Concept Z4」を公開しました。

この「BMW Concept Z4」は、トヨタと共同で開発が進められている「次期スープラ」とは兄弟車の関係にあります。

今回は、秋ろーが会場で撮影した写真とともにお伝えします。

無限の自由と、無上の歓びを。 The BMW Concept Z4は、未知の領域で味わう、かつてない解放感をあなたにもたらします。それは、強烈なパワーと鮮やかなオーラを全身にまとって駆けぬける、真のロードスター。限界を颯爽と越えていく快感は、幾度となくあなたを駆り立て、その心を捉えて離さないことでしょう。

引用:BMWジャパン公式サイト

スポンサーリンク

「BMW Concept Z4」の概要

「BMW Concept Z4」は、トヨタとBMWが共同で開発を進めているプロジェクトから生まれた車です。しかも純粋なコンセプトカーではなく、数年後には市販化が計画されています。トヨタからは同じプラットフォームを使って、「次期スープラ」が開発される予定です。つまり、このZ4と次期スープラは兄弟車の関係にあるというわけです。

スポンサーリンク

「BMW Concept Z4」のスペック

現在、「BMW Concept Z4」の詳細なスペックは発表されていません。ただし、スクープ情報などをつなぎ合わせると、BMW製のエンジンと駆動系にトヨタ内製のハイブリッドシステムを組み合わせた、全く新しいシステムが使われるようです。

繊細なフィールを持つBMWのFRユニットに、スムーズで違和感の少ないトヨタ内製のハイブリッドシステムが組み合わされれば、どれだけ素晴らしいドライブフィールとなるか大いに期待させられます。

スポンサーリンク

「BMW Concept Z4」のスタイリング

BMW Z4 Conceptのリア

フロント

現行型よりも短いフロントノーズに眼力の強いヘッドライトが組み合わされ、スポーティでアグレッシブな印象のフロントフェイスです。

サイド

短い前後オーバーハング(タイヤからボディ端までの長さ)に大胆な形状のキャラクターライン。ほぼボディ中央にレイアウトされたコックピットが相まって、キビキビとした軽快感と力強さを表現しています。

「BMW Concept Z4」はコンセプトカーのため、幌やルーフトップは設定されていませんが、市販車となれば折りたたみ式の幌が装備されるはずです。

リア

ワイド&ローのリアエンドに、L字型のシャープなリアコンビランプ。ディアル・パイプ・フィニッシャーや大きなエアアウトレットが装備され、グラマラスで安定感のあるリアビューを構成しています。

日本市場での販売時期と価格は未定

市販化前提で進められているプロジェクトですが、スペックと同様に発売時期や価格も未定です。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

猛暑のおかげでしつこい「切れ痔」も徐々に回復。病院にいくのは恥ずかしいのでこのまま自然治癒してくれ!(2018年7月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)