BMW i8 Roadster、ロサンゼルスモーターショー2017で公開!市販車の発売は2018年を予定【ニュース】

ロサンゼルスモーターショー2017においてワールドプレミア(世界初公開)が予定されている「BMW i8 Roadster」ですが、この度、公開に先立って短いティーザー映像が先行公開されました。

BMW is warming up to the new 2018 i8 Roadster ahead of its world debut at the 2017 Los Angeles motor show – and to accelerate interest has released this short teaser video of its new soft-top range-topper.

引用:CAR Magazine website

スポンサーリンク

「BMW i8 Roadster」のスタイリング

こちらは、2012年に公開された「BMW i8 Concept Spyder」のイメージ映像です。

わざわざ「Spyder」から「Roadster」へと名前が変更されているのですから、スタイリングもある程度変更されるはずです。ティーザー映像を見ると「Roadster」にはルーフトップがありますが、「Spyder」にルーフトップはありません。その代わりBピラーとCピラーが残されています。

クローズドボディの「i8」に見飽きたせいか、こうしてあらためてイメージ映像を見ると、「BMW i8 Roadster」の軽快感あふれるスタイリングはカッコいいですね。

「Roadster」にもある程度この「Spyder」の軽快なスタイリングが踏襲されれば嬉しいのですが。

スポンサーリンク

「BMW i8 Roadster」のルーフ構造

ティーザー映像をよく見ていると、「0:07」あたりで、電動トップが取り付けられています。マツダ・ロードスターのようなルーフからCピラーまでが一体となった幌タイプではなく、ルーフトップが分割して稼働するタイプのようです。リアウィンドウの場所には小さな隙間がありますが、これだと後方視界は相当悪そうです。

また、「0:01」あたりの映像では、ルーフトップの後方に白い柱が連結されています。まあ、この映像は実験映像ですから、市販車ではボディカラーかブラックに塗装されるはずですが、このルーフ形状をみると「メルセデスベンツCLK」のバリオルールや、「ダイハツ・コペン」の電動ルーフのような途中で2分割されて収納するルーフ構造となる可能性が高いです。

ライン行程の前には、大きなハッチバックを持つ「i8」が並んでおり、クローズドボディとロードスターを同じラインで製造していることが分かります。

同じく「0:01」あたりの映像を見ると、リアエンドにリアウィンドウの大きな楕円形状が残されています。ガラスをこの場所に残すかどうかは分かりませんが、何らかのデザイン要素としてクーペのスタイリングが踏襲されるのでしょう。

スポンサーリンク

市販車の販売時期

詳しい仕様や詳細、外観写真は2017年11月29日の「ロサンゼルスモーターショー2017」で公開されます。

また、市販車の販売時期は2018年を予定していますが、日本市場への正確な導入時期は分かりません。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

猛暑のおかげでしつこい「切れ痔」も徐々に回復。病院にいくのは恥ずかしいのでこのまま自然治癒してくれ!(2018年7月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)