日産のコンセプトカー「IMx Concept」、東京モーターショー2017でデビュー!完全な全自動運転が可能に【ニュース】

現在、東京ビッグサイトで行われている「東京モーターショー2017」で、日産自動車はコンセプトカー「IMx Concept」を発表しました。

The IMx concept is said to represent the ‘three brand pillars’ that represent Nissan Intelligent Mobility. But behind this newspeak, there’s a genuine desire at Nissan to push electrification and autonomy, and the IMx is the visualisation of this plan.

引用:CAR Magazine website

スポンサーリンク

電気自動車のリーフとは兄弟車の関係にある

「IMx Concept」は、日産リーフとはプラットフォームを共有する兄弟車の関係にあります。日産リーフが普通のコンパクトカーなのに対して、この「IMx Concept」はクロスオーバーSUVという位置づけです。

この「IMx Concept」は、次世代の電気自動車を想定したコンセプトカーで、日産の運転支援システム「プロパイロット」をさらに発展させた「自動運転システム」が搭載されます。

自動運転システムを作動させると、インパネ内にステアリングが格納され、ドライバーは完全に運転から開放されます。また、ドライバーの気分によっては、ステアリングを展開して自由にドライブを楽しむこともできます。

例えば、「自動運転で空港までユーザーを送り届け、一旦、無人で自宅まで戻るとそこでしばらく待機」。「再びユーザーが空港に変える時間を見計らって出迎えに現れ、ユーザーを乗せて自宅まで帰る」といった近未来感溢れる使い方が可能です。

スポンサーリンク

「IMx Concept」の外観

ハッチバックをベースとしたスタイリングや、ブラックアウトされたキャビン(居住空間)、複雑な形状のショルダーライン(サイドウィンドウ下端)などにベースとなったリーフの強い影響が感じられます。万が一市販化となれば、スバルの「インプレッサ」と「XV」のような関係になるでしょうから、スタイリングが似ているのも当然といえば当然ですが。

スポンサーリンク

ヴァーチャル・コンパニオン「AI」

今回の「東京モーターショー2017」に合わせて、日産自動車のホームページには特設ページが開設されています。まあ、もちろんコンセプトカーの数々も興味深いのですが、秋ろーがこの中で一番興味をそそられたのが、AIによって会話するバーチャルコンパニオン「AI」ちゃんです。

この「AI」ちゃん、会話内容はいまいちなんですが(学習により向上する?)、CGによって合成された表情の自然さにビックリしてしまいました。ちょっと惚れちゃいそうなくらいです。よかったらあなたもどうぞう♪

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

修正ばっかりしてると新記事の投稿ができないんで、新記事3に対して修正1くらいの割合でやってます(2019年6月〜)