【DIY】シート汚れの洗浄方法(車内掃除編3)

VW ゴルフ GTIのシートファブリック(布)シートは、長年使っているうちに汗や汚れを吸って、徐々に黒ずんだり嫌な匂いを発するようになります。

ただ、ファブリックシートは表面が布でできているため、下手に濡らすと大変なことになりそうで、気軽にジャブジャブと洗うというわけにもいきません。

そこで考案されたのが、ファブリックシートの汚れを簡単に落とすための「布製シート専用クリーナー」です。Amazonなどのネットショップや、カー用品店へ行けば購入することができます。

今回は、この「布製シート専用クリーナー」を使って、ファブリックシートの汚れをキレイに洗浄する方法を解説します。

スポンサーリンク

手順1「準備」

作業に入る前に、必要なものを一通り用意しておきましょう。

まずは「布製シート専用クリーナー」と、クリーナーを拭き取るための「キレイなウェス(布)を2、3枚」。

加えて頑固な汚れを落とすための「使い古された歯ブラシ」と、シートの隙間に溜まったホコリを吸い取るための「家庭用掃除機」を用意してください。

掃除機は自動車専用のコンパクトなものでも構いませんが、家庭用掃除機の方がパワーがあって使いやすいです。

スポンサーリンク

手順2「シートのホコリを吸い取る」

それでは実際の洗浄作業に入ります。

始めにシート表面を軽く叩きながら、「家庭用掃除機」でシート表面のホコリを吸い取っていきましょう。

シートの継ぎ目やヘッドレストと背もたれの間は、特にホコリが溜まりやすいので念入りに吸い取ってください。

スポンサーリンク

手順3「布製シート専用クリーナーを吹き付ける」

次に「布製シート専用クリーナー」をシートの縫い目ごとに分割しながら、順番に吹き付けていきます。シートによってはクリーナーとの相性が悪く、色落ちを起こすこともあります。念の為、見えにくい場所(シートの隙間や、シート側面)でテストしてから吹き付けてください。

シートクリーナーがムースタイプ(泡)の場合、シート表面にこんもりと盛り上げるようなイメージでたっぷりと吹き付けるのがコツです。

後はクリーナーの洗浄力で汚れが自然に浮き上がってきますので、しばらく放置して待ちましょう。

手順4「クリーナーを拭き取る」

汚れが浮き上がってきたら、乾いたキレイなウェス(布)でクリーナーを拭き上げていきます。

汚れが落ちにくい場合は、「歯ブラシ」や「付属の専用ブラシ」で軽く擦ってください。特殊な汚れで無い限り、これだけで簡単に落とせるはずです。

ただし、ブラスで強くこすりつけると却ってシート表面を痛めることがあります。軽く擦っても落ちない場合は、潔く諦めたほうが無難でしょう。

手順5「布製ドア内張りの汚れを落とす」

ドア内側に貼り付けられた布製の内張りは、乗車の際に靴の汚れや手垢が付きやすく、汚れていることが多いです。同じ理由でシートの側面も意外と汚れています。

こういった部分もシートクリーナで洗浄可能ですので、忘れずに洗浄しておきましょう。

手順6「車内を乾燥させる」

以上で洗浄作業は終わりです。後は車内の乾燥とクリーナーの匂いを飛ばすため、しばらく全てのドアを開け放っておきましょう。

また、自動車の窓が透明な場合は、普段から車内に直射日光が降り注ぎシートの中に潜伏しているダニを死滅させる効果があります。これに対して、最近流行のスモークガラスやフィルムを施工している場合は、車内に十分な直射日光が降り注がずシートの中にダニが潜伏している可能性が高いです。

こういった場合も、全てのドアを開け放つことでシートのダニを死滅させることができます。シートクリーナーの使用にかかわらず、一月に一回程度はドアを開け放つようにしておくと安心です。

※布製シート専用クリーナーはメーカーごとに使用方法が違いますので、作業の前に必ず添付の説明書を確認してください。

関連記事

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)

パリモーターショー行きたい(2018年10月)