新型 ホンダ N-BOX カスタム G L ターボ Honda SENSING(2代目)【評価レビュー】モデルチェンジで向上した、上質感と使い勝手の良さ [DBA-JF3]


新型 ホンダ N-BOX カスタム G L ターボのフロント

今回の【評価レビュー】は「新型 ホンダ N-BOX カスタム G L ターボ Honda SENSING(2代目)」を試乗レポート。
2017年にフルモデルチェンジした、軽自動車のスーパーハイト系ワゴンです。

斬新なコンセプトと独特のスタイリングで高い人気となった初代「N-BOX」。2代目「N-BOX」は、その初代のコンセプトをそのまま受け継ぎ、正常進化させたキープコンセプトモデルです。

大きな見た目は初代と変わらないものの、ボディ構造の全面的な見直しよって80kgの軽量化を達成しつつ、室内スペースを拡大。さらに新開発エンジンの投入によってパワフルな走りと燃費性能の向上を実現しています。

※忙しくてあまり時間の無い人は、文末の「試乗評価のまとめ」をどうぞ。

スポンサーリンク

外観

全長3395mmX全幅1475mmX全高1790mmのボディサイズを持ち、ホイールベースは2520mmとなります。

フロント

四角い箱のような短い鼻先に、シルバーモールドで縁取られたゴージャスなグリル。角型LED(9灯式)ヘッドライトが装備され、力強くいかついフロントフェイスを構成しています。

この「いかつさ」は、ノーマルボディでは感じることのできない、このカスタムならではのものです。

サイド

前後ギリギリまで切り詰められた短いオーバーハング(ホイールからボディ端までの長さ)。極端に四角いキャビンと重量感あふれる直線基調のボディによって、N-BOXならではのズングリとしつつもなぜかカッコいいサイドビュー。

リア

新型 ホンダ N-BOX カスタム G L ターボのリア

大きく四角いリアエンドに新形状のルーフスポイラー、複雑な形状のリフレクターを組み込んだ細身のリアコンビランプがレイアウトされ、重厚感あふれるがっしりとしたリアセクションを形づくっています。

スポンサーリンク

内装

新型 ホンダ N-BOX カスタム G L ターボの内装

細かなレイアウトの見直しによって、車内スペースが拡大されています。スリム化されたAピラー(一番前の柱)やアップライトなポジション。短いフロントノーズによって、ボディの取り回しは良好です。

シート

新型 ホンダ N-BOX カスタム G L ターボの前席

前席は、高いルーフとコラムシフトによって、広々とした居心地の良さがあります。

新型 ホンダ N-BOX カスタム G L ターボの後席

助手席には「前後スライド機構」が装備され、助手席に座りながら後席の子どもの世話と、ドライバーの話し相手を同時にこなすことができます。

後席は、ロングスライド機構と広々とした足元、余裕のある頭上空間によって、Lクラスセダン並の居住空間を確保しています。シートを一番後ろまで下げれば、足を組むことも可能です。

荷室

後席を一番後ろまでスライドさせていると、荷室スペースは最小限となります。この状態では、買い物袋を置くのがやっとといったところです。だだし、シートを前にスライドさせたり、5:5でシートバックを倒すことによって、自由に荷室容量を調整することができます。

静粛性

トルクフルなエンジンを活かして低い回転域をキープするため、結果的にエンジンノイズが抑えられ、軽自動車にしては静かな室内です。

スポンサーリンク

エンジンとミッション

658cc・直列3気筒DOHCターボエンジンに、CVT(無段変速機)が組み合わされます。
エンジンは、64ps/6000rpmの最高出力と、10.6kgf・m/2600rpmの最大トルクを発揮します。

車両重量930kg。JC08モード燃費は、25.0km/lとなります。

エンジン

658ccのツインカムターボで前輪を駆動。クラストップレベルを誇るターボエンジンによって、低速からフラットなトルクを発生。出足から中高速域まで、力強く加速することができます。

ドライブモードをスポーティな「S」にすると、さらに力強い走りが堪能できます。

トランスミッション

ベルトとプーリーによって連続的に変速するCVTを装備。トルクフルなエンジンを活かして、低めに回転を保ちながら素早くスムーズに変速。エンジンノイズを抑えたパワフルな走りをアシストします。

乗り心地とハンドリング

前輪にマクファーソンストラット式サスペンション、後輪には車軸式サスペンションを装備。前後ともにスタビライザーで強化されています。

乗り心地

重厚感あふれるしなやかな乗り味、ちょっとした高級感さえ感じられます。

高性能ダンパーによってしっかりと衝撃の角が整えられているため、鋭い衝撃が車内に侵入することもありません。

ハンドリング

スポーティに硬められた足回りと扁平率の低い15インチタイヤによって、キビキビとしたスポーティなハンドリングを実現しています。背の高さに起因するロールも最小限に抑えられており、コーナーの連続するワインディングでも結構元気に走ることができます。

その他

先進安全技術には、最新型の「ホンダセンシング」を装備。このシステムには衝突軽減ブレーキや誤発進抑制機能、オートバイビーム、アダプティブ・クルーズコントロールなど豊富な機能が含まれます。

【評価レビュー】のまとめ

軽自動車という限られた枠の中において、個性的なスタイリングと革新的なコンセプトで高い人気を得ていた初代N-BOX。今回の2代目N-BOXは、その初代のコンセプトをそのまま引き継いだキープコンセプトモデルです。

ただ、キープコンセプトといってもその中身は全面的に見直され、新しいプラットフォーム(基本骨格)と高効率化された新開発エンジンが与えられています。

大きな見た目を変えないまま、広々とした室内とパワフルで上質な走りを実現。2代目N-BOXの名にふさわしい魅力的な車に生まれ変わりました。

その中でもこの「カスタム」は、エアロやメッキモールドがふんだんに奢られた「イカツイ」外観が魅力です。

「実用的でちょっと上質なハイト系ワゴンを探している」とか、「周りを適度に威嚇するカッコいいカスタム系が好き」といった人にピッタリな一台です。

室内には様々な収納やスライド機構など、アイディアを凝らした便利機能が満載です。荷物の多い子育て世代が、便利な道具として使い倒すにも最適でしょう。

中古車市場では

中古車市場には、「N-BOX カスタム 」の未使用車が大量に在庫しています。2017年式「ホンダ N-BOX カスタム G L ターボ Honda SENSING」で、260万円前後といったところです(2017年12月現在)。

価格

価格 | 1,895,400円(消費税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

最近は気温の上昇とともに体調も除々に回復!長い冬でした(2018年4月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の更新がしばらく少なくなります(2018年4月)