豊田自動織機、ヴィッツ・ラリーカー「豊田自動織機・DL・ヴィッツRS」を展示!2017年度のシーズンチャンピオン・マシン【東京モーターショー2017】

豊田自動織機のヴィッツ・ラリーカー2017年10月25日から11月5日まで開催されていた「東京モーターショー2017」。10月27日はプレスデイ。一般公開は28日から11月5日まで。

この会場でトヨタ自動車の系列機械メーカー「豊田自動織機」が、全日本ラリー選手権に出場する本物のラリーカー「豊田自動織機・DL・ヴィッツRS」を展示していました。

豊田自動織機は機械メーカーですから、自動車だけではなく様々な部品や産業機械も生産しています。当日はそういった部品や機械とともに、このラリーカーも展示されていました。ただ部品や機械を展示するだけでは一般の人に対する訴求が弱いので、ド派手なラリーカーを使ってアピールしていたのでしょう。

それでは、今回も会場で撮影した写真とともにレポートします。

豊田自動織機は1926年に設立されました。 多様な事業を行う当社ではエアジェット織機、フォークリフト、 カーエアコン用コンプレッサーの3つの世界シェアNo.1※製品を有しています。

引用:豊田自動織機公式サイト

スポンサーリンク

ヴィッツ・ラリーカー「豊田自動織機・DL・ヴィッツRS」の概要

豊田自動織機は、元々トヨタ自動車の母体となった企業で、トヨタ自動車はそこから自動車部門が独立して創設された会社です。

設立当初は、繊維織り機を主に生産していましたが、現在では機械から部品まで幅広い分野の製造を手がけます。トヨタ自動車からは、ヴィッツやRAV4など一部車輌の生産も委託されています。

「豊田自動織機・DL・ヴィッツRS」は、その豊田自動織機が全日本ラリー選手権に出場するために製造したラリーカーです。

ドライバーに「天野智之」、ナビを担当するコ・ドライバーに「井上裕紀子」を擁し、今2017年シーズンは見事「JN3クラス」で総合優勝を飾っています。

スポンサーリンク

ヴィッツ・ラリーカー「豊田自動織機・DL・ヴィッツRS」の外観

3代目 トヨタ・ヴィッツは、2010年に発売されてから3度のビッグマイナーチェンジを受けています。

「豊田自動織機・DL・ヴィッツRS」の外観は、その中でも前期型ヴィッツをベースとしたもので、現行型ヴィッツの有機的な外観とはことなり、シンプルでプレーンなラインが特徴です。

シンプルといってもラリー車輌ですから、フォグランプやエアロパーツ。ド派手なカラーリングが施され、ベース車両には無いアグレッシブな印象があります。

トヨタのレーシング部門としては「GAZOO Racing」が有名ですが、「豊田自動織機・DL・ヴィッツRS」のボディにも控えめに「GAZOO Racing」や「GR」のロゴおよびデカールが施されています。

スポンサーリンク

ベースとなる「ヴィッツ RS Racing」のスペック

当日会場でコンパニオンのお姉さんからもらったパンフレットを無くしてしまい、「豊田自動織機・DL・ヴィッツRS」のスペックが分かりません。今回は、仕方がないのでベース車輌「ヴィッツ RS Racing」のスペックを参考としてご紹介します。

項目 スペック
エンジン 1496cc・直列4気筒DOHCエンジン
トランスミッション 5速MT
駆動方式 FF
最大出力 109ps/6000rpm
最大トルク 14.1kgf・m/4400rpm
全長x全幅x全高 3930mmx1695mmx1480mm
車輌重量 1050kg
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

修正ばっかりしてると新記事の投稿ができないんで、新記事3に対して修正1くらいの割合でやってます(2019年6月〜)