ラリーカー(競技車両)の作り方【ラリー入門】

ラリーカーのベースとなる自動車を購入した後は、いよいよ車両にラリーに出場するための改造を施さなければなりません。

ラリーは他のスポーツと違って、自分の体一つで競技を行うことはできませんので、ラリーに参加するための競技車両(ラリーカー)が必要になります。また、車両を購入すればそれに伴って車両本体の改造費用や税金、ガソリン代やタイヤ代のランニングコストなど様々な費用がかかります。これにその競技ごとの参加費用が追加されますので、そうの総額は初心者が考えている以上に膨大なものとなります。

そのため初心者はまず、車両本体や改造にお金をかけるよりも、自分のレベルにあった車両で腕を磨いていく方が先決です。その後、自分の技術レベルが向上に伴って、徐々に車両や改造にお金を掛けて行っても遅くはありません。その方が結果的に長く競技を続けることにります。

スポンサーリンク

目次

  • ラリーカーに必要な改造
  • ラリーに出場するための車両規定
  • JAFの定めるラリーカーの車両規定
スポンサーリンク

ラリーカーに必要な改造

そうは言っても、素のままの車両でラリーに出場することは難しいでしょう。最低でも、車両の安全対策とラリーコンピュータは必要になります。

具体的には、過酷な悪路を走行するための頑丈な足回りや、高速走行に対応したボディとブレーキ回り、悪路を高速走行する際にラリーカーに飛んでくる岩や石から車を守るためのカバー、悪天候や夜でも高速走行を可能にするためのライト類などです。

内装関係では、スポーツ走行に対応した頑丈なスポーツシート、ボディを転倒時の衝撃から守るロールバー、乗員をシートにしっかりと固定するための4点式シートベルとなどが挙げられます。

スポンサーリンク

ラリーに出場するための車両規定

これらの車両改造の基本的な車両規定には、一般道を走っている普通の車と同じ「運輸省が定めた道路運送車両の保安基準」が使われます。

つまりラリーカーの改造は、一般車両と同じ「登録番号票付き車両規定」の範囲内で行うことが求められているのです。そのため、ラリーカーに施した改造は、逐一運輸省に報告して一般道を走れるように「車検」登録しなければならいという事になります。

また、この車両規定の遵守は、ラリーを始める時だけではなく、その後ラリーを続けている限り常に守り続ける事が求められています。

なんだか聞いているだけでめんどくさくなってきますが、逆に言えば、「登録番号票付き車両規定」の範囲内であれば、どんな改造でも認められるという幅の大きさがあります。

JAFの定めるラリーカーの車両規定

もちろん「登録番号票付き車両規定」の範囲内といっても、それは大まかな枠組みにすぎません。この大枠を基にしながら、JAFによる細かな車両規定がこれに追加されます。このJAFの車両規定は、年度ごとに細かく変更されることがありますので、ラリーに出場しようと計画している人は、その年ごとに逐一確認しておかなければなりません。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

猛暑のおかげでしつこい「切れ痔」も徐々に回復。病院にいくのは恥ずかしいのでこのまま自然治癒してくれ!(2018年7月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)