高速道路を走る時の「暗黙のルール」【運転のコツ】

車を運転して公道を走る時、日本の道路交通法を守るのは当然ですが、その他にも法律には明記されていない「暗黙のルール」というものがあります。

「暗黙のルール」は、長年に渡って多くの人が道路を使っているうち、「こうした方がスムーズになる」といったものが積み重なり自然に出来上がったものです。

特に車の速度が上がる高速道路では、一瞬の判断ミスが大きな事故に繋がります。「リスクを未然に防ぐ」という意味でも、スムーズに走るための「暗黙のルール」が一般道以上に重要な役割をはたすのです。

そこで今回の【運転のコツ】では、高速道路を走る時の「暗黙のルール」について、詳しく解説したいと思います。

スポンサーリンク

「走行車線(左車線)」と「追越車線(右車線)」を走る時の「暗黙のルール」

高速道路を走る上で一番重要となる「暗黙のルール」は、「走行車線(左車線)」と「追越車線(右車線)」の使い方に対するルールです。

通常、前方に車が走っていない時は、「走行車線(左車線)」を走ります。前方に車が走っていてもその車に追従するつもりなら、そのまま走行車線を走ってください。理由も無く「追越車線(右車線)」を走ることは許されません。

前の車を追い越したい時の「暗黙のルール」

車を追い越して前に出たい時は、「追越車線(右車線)」を使って加速し、追い越すことができます。ただし、車を追い越して十分な間合いが出来たら、安全を確認してすぐに「走行車線」に戻らなければなりません。これは後ろから追い上げてくる車の邪魔をしないためです。

十分な間合いがあるかどうかを車内から確認するには、ルームミラーを使います。ルームミラーに追い越した車が映れば、そこが「走行車線」に戻るための最適なタイミングです。

合流してくる車がある時の「暗黙のルール」

インターチェンジやパーキングエリアから本線に合流してくる車がある時、「追越車線」に車線変更するための十分な余裕があれば、一時的に「追越車線」に移動して合流してくる車にスペースを譲ります。その後、合流してきた車が全体の流れに乗ったところで、余裕を持って「走行車線」に戻りましょう。

ただし、この回避行動は周りに十分なスペースがあり、無理なく車線変更できると確信が持てる時だけ行ってください。ギリギリの間合いで無理にやる必要はありません。あくまでも、スムーズな合流を助けるための親切です。無理に車線変更したために事故を起こしたのでは何にもなりません。

スポンサーリンク

後ろから自分より早い車が追い上げてくる時の「暗黙のルール」

「走行車線」を走っている時、後方から自分よりも速い車が「追越車線」を使って追い上げて来ている時は、車線を変更して「追越車線」は走行してはいけません。

これは、前方に自分より遅い車がいる時も同じです。後方から追い上げて来る車が自分よりも前に出るまで待ち、その後、余裕を持って遅い車を追い越してください。

制限速度をオーバーしている車にも進路を譲る

あなたが制限速度を守りながら「追越車線」を走っている時、制限速度を大きく上回る暴走車に煽られたら素直に進路を譲りましょう。

「自分は制限速度を守って走っているのだから、進路を譲る必要は無い」という気持ちは十分わかりますが、そこで頑張っても危険が増していくだけです。全体のスムーズな流れの阻害にもなりますし、第三者に危険が拡大する可能性も高まります。

もちろん、暴走車が速度違反をしている事実には何ら正当性もありませんが、わざわざあなたがそのリスクを背負ってやる必要も無いでしょう。進路を譲ってやる事であなたのリスクは下がり、暴走車のリスクだけはそのまま残り続けます。

高速道路上が渋滞している時

ただし、この「暗黙のルール」は、比較的高速道路上が空いている時に当てはまるルールです。走行車線にも追越車線にもビッシリと車が走っている場合は、この限りではありません。こんな時に、下手に進路変更をすると元の車線に戻れなくなりますし、かえって事故やトラブルのリスクを増やすことにも繋がります。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

猛暑のおかげでしつこい「切れ痔」も徐々に回復。病院にいくのは恥ずかしいのでこのまま自然治癒してくれ!(2018年7月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)