ブレーキクリーナーとは【ケミカル用品の紹介】


ブレーキはブレーキパッドとローターが擦れ合うことで摩擦力を発生させ、車の運動エネルギーを熱エネルギーに変換して減速させる装置です。

そのため、このブレーキに油脂分などの汚れが付着していると本来の制動力を発揮できなくなります。

ブレーキクリーナーとは、こういったブレーキに付着した汚れをきれいに洗浄するためのケミカル用品です。

スポンサーリンク

ブレーキクリーナーの概要

ブレーキパッドを交換した後は、作業の時に付着した油脂分を除去するため、ブレーキクリーナーできれいに洗浄する必要があります。

また、潤滑系のケミカル用品は可動部分の潤滑には効果的なケミカル用品ですが、ブレーキのような摩擦によって制動力を発生させる装置に付着すると逆に危険となります。ブレーキや足回りの可動部分に潤滑剤を塗布した時、意図せずブレーキパッドやライニング、ローターにも潤滑剤が付着した場合は、すぐにこのブレーキクリーナーを使って洗浄してください。

呉工業の「フレーキクリーン」はスプレータイプのブレーキクリーナーです。そのため、複雑な機械部分を分解することなく、内部をきれいに洗浄することができます。加えてスプレー缶を逆さにしても吹き付けることができますので、入り組んだ場所の奥深くにも簡単にスプレーすることができます。

揮発性が高いので、スプレーした後は汚れを下へ流しながら素早く蒸発します。面倒な拭き取り作業なども要りません。

スポンサーリンク

ブレーキクリーナーの使い方

まず缶を軽く2、3回振って、カラカラと音をさせながら成分を混ぜ合わせます。次にキャップに付属しているノズルを外し、スプレー先端部分に装着します。

ブレーキパッドやキャリパーに吹き付ける時は、車をジャッキアップしてタイヤホイールを外します。リジッドラック(ウマ)があればボディ下側に装着しておいてください。安全のため、ボディ下側にブロックや外したタイヤを挟み込んでおいてください。

タイヤホイールを外すと、ブレーキローターとキャリパーが露出しますので、まずブレーキキャリパーにブレーキクリーナーを吹き付けます。

一番汚れを落としたいのは、ブレーキパッドとブレーキローターの接触部分ですので、その部分には特に念入りにスプレーしてください。

スプレーが汚れに吹きかけられると、すぐに黒い液体となって下へ流れ落ちてきます。

続けてブレーキローター全体にも満遍なくスプレーしておきます。ブレーキクリーナーは揮発性が高いため、すぐに蒸発して拭き取る面倒がありません。

スポンサーリンク

使用上の注意点

油脂分を簡単スピーディに洗浄するブレーキクリーナーですが、逆に潤滑油が必要な場所にスプレーすると機械の潤滑性が失われます。

そのため、スプレーする場所の近くに潤滑油が必要な部分があれば、新聞紙やウェスなどでスプレーが飛び散らないようにカバーしておいてください。

ブレーキクリーナーをスプレーすると、即座に汚れが黒い液体となって流れ落ちます。そのため、汚したくない場所で使用する時は、注意が必要です。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

謎のアクセス減少地獄継続中!(2017年11月)

※記事を何百件入れてもドンドンアクセスが下がるので、記事更新を1にして、余力で過去記事の修正をしようかなあと思案中です。