リジッドラックとは(概要と使い方)【工具の紹介】


リジッドラックとは、ジャッキで車体を持ち上げた後、ある程度の高さ(作業のしやすい高さ)でボディを固定し安定させる為のツールです。通称「ウマ」と呼ばれることもあります。がっしりした土台部分に支柱が組み合わされる形状で、この支柱を自動車の側面下部に「つっかえ棒」のように噛ませることでボディを支える事ができます。

スポンサーリンク

リジッドラックの概要

通常、車に常備されている「車載ジャッキ」を使う時は、パンクしたタイヤをテンパータイヤに交換したり、サマータイヤをスタッドレスに交換する時だと思います。このような簡単な作業であれば十分車載ジャッキで対応することができます。

ただ、この車載ジャッキは「構造が簡単で軽量」という長所の反面、「不安定で車の下に人間が入るような本格的な作業には向かない」という短所もあります。

そのため、本格的な作業を行う際は、ジャッキアップした後にこの「リジッドラック」をボディ側面下側など、頑丈なフレーム部分にはめ込んでボディをしっかりと固定する必要があるのです。

スポンサーリンク

リジッドラックの使い方

「車載ジャッキ」と「リジッドラック」を掛ける場所は、まったく同じですので、同時に使用することはできません。

そのため、「リジッドラック」を使う時には、自動車の「フロント中央」や「リア中央」に掛けることのできる「ガレージジャッキ」を使います。

ガレージジャッキでジャッキアップする

まず、ガレージジャッキをフロント中央に掛け、自動車を作業のしやすい高さまでジャッキアップします。

ガレージジャッキの詳しい使い方については、「ガレージジャッキとは【工具の紹介】」をごらんください。

リジッドラックを噛ませる

自動車がジャッキアップできたら、前輪後部の車体中央よりに設置されている「ジャッキポイント」に「リジッドラック」を噛ませます。

ジャッキポイントの場所は、サイドシル(車の側面下部)下側に三角や矢印でマークが印してあります。次に、その奥のフレーム部分に設置されたプレートの「切り欠き」を探します。その切り欠きが「ジャッキポイント」です。

ジャッキポイントにリジッドラックを噛ませる時には、リジッドラック上部の接触部分に分厚いゴムを設置して、ボディが傷つかないように養生をしておきます。

リジッドラックが設置できたら、ガレージジャッキをゆっくりと降ろし、自動車をリジッドラックの上に載せます。

スポンサーリンク

リジッドラック使用上の注意

平坦なアスファルトやセメントなど、しっかりとした安定感のある場所で作業をしてください。

車の下にもぐる時には、タイヤやブロックなどをボディ下部にゆるく噛ませておき、万が一の時に備えます。

リジッドラックは、左右対称に同じ商品を揃えます。4つ使う時は前の左右が同じ商品でなけらばなりません。これは後ろも同様です。左右を揃える理由は、強度、高さを揃える事で自動車を安定して支えることが出来るようになるからです。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

謎のアクセス減少地獄継続中!(2017年11月)

※記事を何百件入れてもドンドンアクセスが下がるので、記事更新を1にして、余力で過去記事の修正をしようかなあと思案中です。