【DIY】本革、合皮、布シートの補修方法


シート補修の画像

運転中にタバコの火種が落ちてシートを焦がしてしまい、途方に暮れたことはありませんか。
また鞄の金具やアクセサリー、じゃらじゃら付けたキーチェーンを思わぬ拍子に強く擦り付けてしまい、シートに傷を付けることもあります。
子供が知らない間にいたずらをして、シート破いてしまう事だってあるでしょう。

ただ、シートの張り替えといってもそう簡単にできる事ではなく、専門業者に頼むとびっくりするような費用が掛かってしまいます。

こんな時、簡単に低価格でできる補修方法を知っていると、いざという時に助かります。
今回は、シートにタバコによる焦げや、小さな傷が出来た時に補修する方法を解説します。

スポンサーリンク

手順1「準備」

はじめに今回の作業に使う道具や材料を予め用意しておきます。

まず、「シート補修キット(革・合皮用)」と「シート補修キット(布・モケット用)」を用意します。
次に補修剤を圧着する為の、家庭用のアイロンと車内で使うための延長コードを用意します。
また、本革や合皮シートの傷の補修用に「合皮補修シート」も準備しておいてください。
最後に、アイロンの熱からシートを守る為の、厚手のタオルも必要になります。

スポンサーリンク

手順2「タバコの焦げの付いた布シートの場合」

この場合は「シート補修キット(布・モケット用)」を使います。

まず、キットに同梱されている接着剤をキットの7色の毛玉と混ぜて、シートに近い色に調整します。
この毛玉をシートの焦げの上に上手く乗せ、後は家庭用のアイロンで熱を加えて圧着するだけです。

上手く出来れば、遠目からは分からない位の仕上がりになります。

スポンサーリンク

手順3「タバコの焦げの付いた本革・合皮シートの場合」

この場合には「シート補修キット(革・合皮用)」を使います。

キットの中の、ドロッとしたビニールの原料のような液体を混ぜて、シートに近い色に調整します。
後はこれを本革シートや、合皮シートの焦げの上に乗せ、付属の半田ごてで熱を加えるだけです。
熱を加えた後は色が変わりますので、予めシート以外の場所で何度かテストしておいたほうが良いと思います。

ただプロの職人ではないので、なかなか色合わせをぴったり行うのは難しいかもしれません。

手順4「布シートに傷や穴が開いた場合」

この場合は、身体が良く当たる場所と、ほとんど何も当たらない場所とでやり方が変わります。

ほとんど何も当たらない場所でしたら強度はいりませんので、先ほどの「手順2」の補修剤を間に積めて、アイロンで圧着するだけです。

身体が良く当たる場所ですと、見栄えよりも強度が必要になりますから、先ほどの補修剤は使えません。
手芸センターなどで、裏面にアイロンで圧着するタイプの糊のついた(シートに近い色の)生地を購入し、少し傷より大きめにカットしてアイロンの熱で圧着してください。
それでも身体が当たって剥がれてしまうようでしたら、シートに近い色の糸で周囲を簡単に縫い、布の強度を上げておけば万全です。

手順5「革シートに傷や穴が開いた場合」

本革・合皮シートの場合も、身体が良く当たる場所と、ほとんど何も当たらない場所とでやり方が変わります。

ほとんど何も当たらない場所でしたら強度はいりませんので、先ほどの「手順3」の補修剤を間に積めて、アイロンで圧着するだけです。
本革や合皮シートは熱に弱いので半田ごてが、シートに当たらないように厚手のタオルなどで防護しておくと安心です。

身体が良く当たる場所ですと、見栄えよりも強度が必要になりますから、先ほどの補修剤は使えません。
合皮ソファーの補修で使う「合皮補修シート」が役立ちます。
これを、傷より少し大きめにカットして、傷口に当てアイロンの熱で圧着するだけです。
この時も、アイロンの熱でシートが痛まないように、厚手のタオルなどで防護しておいてください。

最後にこれらの作業を行う際は、メーカーにより使い方や注意点が違いますので、付属の説明書をよく確認してから行ってください。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

謎のアクセス減少地獄継続中!(2017年11月)

※記事を何百件入れてもドンドンアクセスが下がるので、記事更新を1にして、余力で過去記事の修正をしようかなあと思案中です。