【DIY】突然のヘッドライトバルブ(球)切れの原因と応急修理


ヘッドライトバルブ画像

近頃はヘッドライトのバルブ(球)も進化しており、HIDやLEDは光量の大きさも魅力ですが、バルブの寿命も長くなっています。
しかし、どんな高性能なバルブでもいつかは切れてしまうものです。
長寿命になっているだけに、突然のバルブ切れで慌ててしまうかもしれません。
そんな時に、知っておくと役に立つ「ヘッドライトバルブが切れる原因と応急修理」について説明します。

スポンサーリンク

ヘッドライト球切れの時の原因特定方法

夜間走行中に突然バルブが切れてしまった時には、慌てずに徐行しながら、ハザードランプを点滅させて道の端に停車してください。
停車したらまず、バルブ切れの原因箇所を特定するために、ヘッドライトのローとハイを点灯させるようスイッチを操作します。
次にヘッドライトの状態を確認する為に、車の外に出ます。この下車の時が一番危険ですので、十分まわりに注意してください。

スポンサーリンク

ヒューズ切れの時の対処法

ヘッドライトを見て、左か右のどちらか片方の、ローとハイ上下共に点灯しないに場合は、ヒューズが切れています。
自動車の説明書を見ながら、ヒューズボックスの場所を探してください。
ヒューズボックスがあったら、ボックスを開け、ヒューズが切れているかどうか確認してください。切れて断線していれば目視ですぐ分かります。
ヒューズが切れていれば、該当箇所のヒューズを予め備え付けられている予備のヒューズに交換してください。
それでも、またすぐにヒューズが切れてしまうなら、回路がショートしている可能性が高いです。
自力では修理できませんので、JAFを呼んで修理工場までレッカーしてもらいましょう。
ヒューズが切れていない場合は、ヘッドライト裏のコネクターを確認してみてください。外れかけていれば、カチッと音がするまで押し込んで確実にはめ込んでください。

スポンサーリンク

ヘッドライトバルブ切れの応急修理

また、上下どちらかのバルブが点灯しない場合は、単純にバルブ切れです。
新しいバルブに交換する必要がありますが、ここではこんな時に役立つ応急修理の方法を説明します。
多くの場合切れているのは使用頻度の高いロービームだと思います(ハイビームが切れている場合はロービームだけで走行できるので問題ありません)。

またこの方法は予めガムテープが必要になります。
ガムテープはその他にも色々応急処置に使える便利なものですから、この際、道具箱の中に常備しておいてください。

まず、ハイビームを点灯させます。光が道の脇のブロックやガードレールを照らしていると思います。その光に注目してください。
ここでガムテープを取り出して、ヘッドライト上半分に張り付かない様に、少し離して重ねてみてください。
そこで、先ほどのヘッドライトの光が照らすガードレールを確認します。
対向車のドライバーの目の高さに、この光が入らない位置(対向車のウインドウガラスに光が入らない高さです)を確認しながら、ガムテープをしっかりヘッドライトに張りつけてください。

これで簡易ロービームの完成です。光量が不足していますので、いつもよりスピードは控え目で自宅までお帰りください。

自信が無い方は無理をせず、JAFを呼んだ方がいいと思います。会員であれば15kmまでは代金は掛かりません(非会員は1kmごとに720円です)。
しかし、いつでもJAFが呼べる環境にあるとは限りません。そういう時のためにもこの方法は是非覚えておいてください。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

謎のアクセス減少地獄継続中!(2017年11月)

※記事を何百件入れてもドンドンアクセスが下がるので、記事更新を1にして、余力で過去記事の修正をしようかなあと思案中です。