次世代型BMW8シリーズクーペの最上級ホットバージョン「M8」、ニュルブルクリンクで目撃される!【ニュース】

2017年。20年ぶりに8シリーズの復活を発表したBMWですが、ドイツのニュルブルクリンクサーキットで、この8シリーズクーペの最上級ホットバージョン「M8」のプロトタイプが目撃されました。

The BMW M8 coupe is inching closer to its production reveal, as these latest spy shots from Germany’s famed Nürburgring show.

引用:MOTOR TREND

スポンサーリンク

M8のスタイリング

M8のプロトタイプには、大掛かりなまだら模様の偽装が施されているものの、偽装自体は薄いフィルムです。よく目を凝らせば、全体のスタイリングを捉えることができます。

フロント

ロー&ワイドなフロントノーズに、角型の薄いヘッドライト、ワイドなキドニーグリルが装備され、セダン系のオーソドックスなデザインを活かしながらスポーティにまとめ上げています。さらに、フロントバンパーには大きなエアスクープが開けられ、M8ならではの凄まじい動力性能を物語ります。

サイド

ロングノーズショートキャビンの美しいFRルック。ボディサイドにはグラマラスな抑揚が表現され、ちょっとだけマッチョな雰囲気もあります。

リア

筋肉質なリア周りに、ハイデッキ化されたヒップラインが組み合わされ、力強いリアエンドを構成しています。リアコンビランプは偽装フィルムでハッキリと見えませんが、ボディラインから予想すると、薄型でシャープな形状となるようです。

スポンサーリンク

M8の内装

メーターナセルには、アウディのバーチャルコックピットのような、デジタル式メーターが装備されます。センターコンソールには、現在の市販車にも装備される「iDriveコントローラ」や「電子式セレクター」がレイアウトされています。

スポンサーリンク

M8の概要

エンジンは4.4リッターV型8気筒DOHCツインターボ(最高出力は600馬力。最大トルクは76.5kgf・m)。正式な市販モデルの発表は2018年。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

猛暑のおかげでしつこい「切れ痔」も徐々に回復。病院にいくのは恥ずかしいのでこのまま自然治癒してくれ!(2018年7月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)