新型 アウディ A1 スポーツバック 1.0TFSI Sport【試乗評価】軽快な走りのプレミアムコンパクト [DBA-8XCHZ]

アウディA1スポーツバックのフロント

今回は「新型 アウディ A1 スポーツバック 1.0TFSI スポーツ」を試乗レポート。
2010年に登場したコンパクトな5ドア・ハッチバックです。日本市場では2011年より販売されています。

VWポロのプラットフォームを使いながらも、アウディならではの作り込みが行われ、質感の高いプレミアムカーに仕上がっています。

2015年にマイナーチェンジが行われ、同時にこの1.0Lダウンサイジングターボと搭載する「1.0TFSI スポーツ」グレードが追加されました。

スポンサーリンク

外観

全長3985mmX全幅1745mmX全高1440mmのボディサイズを持ち、ホイールベースは2465mmとなります。

深みのあるつややかな塗装と、細やかな表情が与えられた上質なスタイリング。精密なボディパネルの合わせによって、ひとクラス上の高級感を感じさせます。

フロント

マイナーチェンジによって、S1に近いフロントフェイスが与えられています。新形状のヘッドライトユニットとシングルフレームグリルが組み合わされ、グッと精悍さが増しています。

サイド

前後に切り詰められた短いオーバーハング、どっしとした肉厚のボディ、緩やかに弧を描くルーフが相まって力強くも軽快な印象のサイドビュー。

リア

アウディA1スポーツバックのリア

マイナーチェンジによって、リアコンビネーションランプとリアバンパーのデザインが変更されています。

小さく切れ上がったヒップラインに、大胆に扇型のリアコンビランプがレイアウトされ、引き締まった軽快感と上質感を感じさせます。

スポンサーリンク

内装

アウディA1スポーツバックの内装

アウディクオリティで仕上げられた。コンパクトカーの水準を大きく超える上質な内装。機能がシンプルに整理され、使い勝手の良いデザインです。

コンパクトなボディと適度な目線の高さが相まって、とても運転がし易いです。

シート

アウディA1スポーツバックのフロントシート

ふっくらとした丸みのある立体的なフロントシート。がっしりとしたフレームに、上質なクッション素材が詰め込まれ、適度な硬さのある上質な座り心地です。

リアシートには大人が座れるだけの最低限のスペースを確保。頭上空間に余裕が無いため、窮屈な印象です。シートの質感が高いため、中距離(30km)程度の利用であれば問題ありません。

荷室

荷室には意外に広いスペースが確保されています。家族4人で1泊2日程度であれば、充分にこなすことができます。また、6:4でリアシートを倒すこともできますので、2人乗車の時はステーションワゴンのような使い方も可能です。

静粛性

コンパクト・プレミアムカーと呼ぶにふさわしい、充分な静粛性が確保されています。ただし、アクセルと急激に踏み込むと、エンジンノイズが高まります。

スポンサーリンク

エンジンとミッション

999cc直列3気筒DOHCターボエンジンに、7速ATが組み合わされます。
エンジンは、95ps/5000-5500rpmの最高出力と、16.3kgf・m/1500-3500rpmの最大トルクを発揮します。

車両重量1140kg。

エンジン

1.0Lのターボエンジンで、前輪を駆動します。大きな自然吸気エンジンのようなスムーズな吹け上がりで、街中などの日常領域でパワー不足を感じることはありません。

流石にアクセルを踏み込めば、3気筒エンジンらしいノイズを発生しますが、巡航時など普段の走りで気になる事はありません。

トランスミッション

コンパクトカーながら7速の「デュアルクラッチトランスミッション」が装備されます。低速域で僅かなギクシャク感が残るものの気になるほどではありません。スムーズかつダイレクトな印象の小気味いいトランスミッションです。

足回りとハンドリング

前輪にマクファーソンストラット式サスペンション、後輪にはトーションビーム式サスペンションが装備されます。

この「1.0TFSI Sport」は、ベースグレードの「1.0TFSI」に、「スポーツサスペンション」と「16インチホイール」が装備されます。

足回り

少し引き締まった印象のしなやかな乗り心地。高剛性ボディと相まって、しっとりとした上質感があります。

ハンドリング

コンパクトなボディと、引き締まったスポーティな足回りによって、コーナーの連続するワインディングでもミズスマシのように軽快に走ります。上級グレード「1.4 TFSI」よりも鼻先が軽いため、キビキビとした運転の楽しさはこちらの方が上まわります。

評価のまとめ

ポロのフラットフォームを使って、Up!用のダウンサイジングターボが搭載されます。といっても、そこはアウディ・ブランドの元に開発された車、しっかりと上質なアウディクオリティが保たれています。

さらに、軽量なボディとスポーティなサスペンション、高剛性シャシーが相まってキビキビとした軽快感のあるドライブフィールを実現しています。

「小さなコンパクトカーは好きだけど、ガサガサとした安っぽい質感では満足できない」といった人にピッタリな車です。

価格

価格 | 2,850,000円(税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

修正ばっかりしてると新記事の投稿ができないんで、新記事3に対して修正1くらいの割合でやってます(2019年6月〜)