車をキレイにしているドライバーは、なぜか事故を起こしにくい【運転のコツ】

ピカピカのBMW

「車をいつも綺麗にしているドライバー」と「汚れた車に平気で乗っている人」を比べると、「綺麗にしているドライバーの方が圧倒的に事故を起こしにくい」なんて話があります。

実際に、窓ガラスやドアミラーが汚れていれば、視認性が落ちて歩行者とか自転車の飛び出しに気づきにくくなります。散らかし放題で車内に余計な荷物が転がっている(床とかダッシュボードの上とか)場合は、動き回る荷物が気になって運転どころじゃありません。特に「空き缶がゴロゴロ転がって、ブレーキペダルの裏に挟まる」なんてことになれば、十分なブレーキングが出来ないんで事故を引き起こす可能性が高いんです。

その他には、車をいつも綺麗に保つことによって自分の車に対する愛着が強くなって、「もっと大切に扱おう」という気持ちが芽生えたり、洗車や掃除をすることで、運転しているだけじゃ気付きにくい「小さな不調や不具合に気付きやすくなる」なんて効果もあります。

ということで今回の【運転のコツ】は、そんな「事故の発生率と、車を綺麗にすることの因果関係」について詳しく解説してみたいと思います。

スポンサーリンク

車を綺麗に洗車すると、「物理的」な安全性が高まる

車の綺麗さと事故の因果関係には、冒頭でも書いたように「物理的」な面と「精神的」な面の二つがあります。

まず物理的な面に関して言えば、「窓ガラスやドアミラー、ヘッドライトが汚れることによって視認性が悪くなる」というのが一番でしょう。

特に黄砂や花粉の激しい時期は大変で、ちょっと放置するだけで、あっという間に車はドロドロになっちゃいます。秋ろーの住んでいる村は盆地なんで、空気の入れ替わりが少なくて、時期によっては焚き火や炭焼、タバコ、運動場の砂埃、国道から流れ込む排ガスなんかも加わってえらいことになるんです。はあ、引っ越したいどす。。。

その他には車内の整理整頓も大切です。ダッシュボードに滑りやすい「スマホ」なんかを置いておくと、カーブの度に右へ左へとスマホが移動して、運転に集中できなくなります。床にゴロゴロ転がりやすい空き缶なんかを放置していれば、ブレーキペダルの裏に挟まって停止できなくなることもあるんです。後席に滑りやすくて重さのある家具とか電化製品なんかをそのまま乗せている場合は、急ブレーキによって勢いよく前席に飛び出すなんてことも考えられます。

スポンサーリンク

綺麗な車は、ドライバーの「精神面」にも良い影響を与える

物理的な面と同じくらい大切なのが、綺麗な車がドライバーの精神面に与える影響です。

ちょっと想像してみれば分かると思いますが、ピカピカに磨かれた綺麗な車に乗っているのと、車内はゴミだらけ、ボディは砂や水垢でドロドロなんて車に乗っているのとでは、ドライバーの気持ちは全然違います。あなたも洗車した後の清々しい気分を一度は体験したことがあるはずです。ということで、綺麗な車がドライバーの精神面に良い影響を与えるのは間違いありません。

これは僕が自動車メーカーに勤めていた時の話ですが、「整理整頓をキチンと行いなさい。事故や不具合の発生を大きく抑える効果があるから」という注意をしつこいくらいされたもんです。

その時は、「えっ、整理整頓したくらいでそんな効果があるん?」と半信半疑でしたが、まあ、普通のサラリーマンですから上司の指示には素直に従います。ところがどうでしょう、これがやってみるとビックリ、確かに不具合の発生を大きく下げる効果があったんです。

その後、仕事に慣れて整理整頓が疎かになると、今度は逆に不具合がポツポツと発生するようになるじゃありませんか。ということで、整理整頓が人間の注意力になんらかの影響を与えているのは確かです。

スポンサーリンク

速く走るための第一歩は、車をキレイに洗車すること

一流のレーシングドライバーの中には、「速く走りたいんだったら、とにかく車をキレイに洗車することだ」という人がいます。極限状態の中でコンマ一秒を争うレーサーだからこそ、実感する事ができるシビアな精神上の因果関係があるのかもしれません。

もちろん、小さなボディの歪みやタイヤの摩耗具合、オイルの漏れなど、「車をキレイに洗車することによって車の状態をキチンと確認できる」という直接的なメリットも大きいです。

洗車には一石二鳥の効果がある

ホースと脚立、洗車道具を引っ張り出してきて、大きな車を丸ごと洗うのは中々骨の折れる作業です。仕事が忙しいとか、3日後にはまた雨が降りそうだとか、洗車を先延ばしにしたくなる理由も多いです。

しかし、車が汚れてくると物理的な面だけでなく、精神的なデメリットも多いのはこのページで解説した通り。今度の休日にもし時間があるのなら、重い腰を上げて車を洗いましょう。

車を洗えば清々しい気分になりますし、何よりも安全運転につながるのですからこんなお得な事はありません。最近は安い機械式洗車機もありますし、ガソリンスタンドやディーラーに持ち込めば数千円で手洗い洗車をしてくれます(スバルの場合は簡易コート付き洗車で3000円。エネオスの手洗い洗車で2400円くらい※レガシィクラス)。洗車が面倒だという人は、このようなサービスを利用するのも手です。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

修正ばっかりしてると新記事の投稿ができないんで、新記事3に対して修正1くらいの割合でやってます(2019年6月〜)