【運転のコツ】交差点進入時の7つの注意点(右折・左折・直進)

交差点で停車するレガシィ

交差点という場所は、対向車はもちろんの事、左右からも車が進入してくるかなり危険な場所です。大きな交差点になるとこれに加えて車線も何本か増えるため、さらに危険度が増します。

それから、交差点を通過するのはなにも自動車だけじゃありません。歩行者や自転車、オートバイなど、いわゆる「交通弱者」と呼ばれる人たちも頻繁に行ったり来たりしてますんで、このあたりにも十分な注意が必要なんです。

そんな危ない交差点を通過する時。特に危険な状況となるのが、「対向車、もしくは自分が右折をする時」です。交差点を右折する時は、対向車の流れを遮って横切る格好になるんで、どうしてもトラブルが起きやすくなります。

ということで今回の【運転のコツ】では、そんな交差点を「右折」する時の注意点はもちろんの事、「左折」や「直進」で通過する時の注意点もからめて解説していきます。

スポンサーリンク

横断歩道を渡る歩行者がいる時の注意点

交差点を右折や左折で通過する時は、信号が「青」になっている横断歩道を横切ることになります(つまり横断歩道を歩行者が渡っている状況)。ただし、こんな時は進行方向や対向車ばかりに気が行って、歩行者や自転車への注意が散漫になりがちなんです。

特に右折の場合は、どんどん流れてくる対向車の隙間をぬって右折するんで、さらにこの傾向が強くなります。信号の変わり目なんかになると、歩行者や自転車も急いで交差点を渡ろうとしてます。元気な中高生なら、全速力で走ってきて斜めに横断歩道を渡るなんてことも多いです。歩行者側の信号が「赤」になっていても安心はできません。歩行者の方も「自動車用の信号が青だからまだ行ける」と無理やり「赤信号」で渡ってくるケースもあるんです。

こんな状況で急加速しながら右折すれば、事故とかトラブルになる可能性はかなり高まります。たとえ横断歩道に歩行者や自転車がいなくても、どの死角からいきなり現れるか知れたもんじゃありません。ということで、右折して横断歩道を横切る時は、すぐに止まれるように徐行で進むのが最善策です。

もちろん、横断歩道やその周辺に歩行者がいる時は、歩行者の間をすり抜けたりジワジワ近づいたりしてはいけません。そんな時は交差点の中央、右折待ちゾーンに停車して、歩行者が渡り切るのを待ちましょう。

スポンサーリンク

交差点周辺の状況をしっかりと確認する

交差点を右折で通過する時、「前の車にピッタリと付いて曲がれば安心」とばかりに、車間距離をギリギリまで詰めて曲がる人がいます。しかし、交差点で確認しなければならないのは先行車ばかりではありません。しかも、たまたまあなたの前にいるその車のドライバーが信頼できる人なんて保証はまったく無いのです。

例えば、前の車が自分の車一台分ギリギリのスペースを見つけて強引に右折している場合。あなたの車は対向車と接触して事故を起こす可能性が非常に高いです。こんなギャンブルのような運転をしても、目的地に到着する時間はほどんと変わりません。交差点を右折で通過する時は、必ず自分の目で安全を確認してから通過するようにしましょう。

スポンサーリンク

無理なタイミングで交差点に進入しない

右折をする先行車が、交差点の中央で対向車の通過を待っている時、停止線を超えて無理に交差点に進入するのはやめましょう。信号が「赤」になっても対向車がドンドン直進して、あなたの車が交差点内に取り残されてしまう事があるからです。

特に車線の多い大きな交差点では、青信号になった左方向からの車輌が交差点内に進入して、あなたの車の進行を妨げる可能性が高いです。こんな時には速やかに交差点から脱出するか、もしくは出来るだけ安全な場所で流れが途切れるのを待つしかありません。

こういったトラブルを未然に防ぐには、交差点内に無理なタイミングで進入しないことが大切です。特に、信号が「黃」になったタイミングでの無理な進入はやめましょう。

大きな対向車の後ろにも注意をはらう

最近は背の高い軽自動車やSUV、ミニバンなど、普通に走っている車の中にも比較的大柄な車が多いです。こういった大きな車の後には死角が多く、小さな小型車やオートバイが隠れている事があります。

交差点で対向車にこのような車がいる時、この車の左折のタイミングに合わせて自分も右折をするのは危険。万が一、対向車の後に小型車やオートバイが隠れていた場合、接触事故につながる可能性が高いからです。

こんな時は、小さな隙間を見つけた無理やり右折するのでは無く、十分な余裕を持ってゆっくりと確実な右折を行ってください。

交差点では早めのレーンチェンジを

交通量の多い交差点の中には、直進レーンの他に右折レーンや左折レーンなど、複数の車線が設置されていることがあります。このような交差点で、周りの予想に反するような急激な動きをするのは危険。交差点に進入する時はあらかじめ自分の行きたい方向をイメージしておき、早め早めのレーンチェンジを行うことがスムーズに交差点を通過するためのコツです。

また、レーンチェンジの時には早めにウィンカーを点灯して、周囲に自分の意志を伝えることも大切です。早めにウィンカーを出すと進路をブロックしてくるおかしなドライバーもいますが、こんな人を相手にする必要はありません。その車のすぐ後には急加速によってスペースが開いているはずですので、ここに合流させてもらいましょう。

右折は安全なタミングで

交差点で右折をする時。「無理やり右折を始めれば、多分、対向車の方で止まってくれるだろう」とか「減速してくれるだろう」といった憶測による強引な運転も危険。もちろん、多くの場合は対向車がこちらに気付いて減速なり停止をしてくれるでしょう。

しかし、こういった行為は、9割とか8割の比較的当たりやすいクジに自分の命を掛けているようなモノ。「たまたま対向車がよそ見をしていた」とか、「居眠り運転をしていた」といった場合は、取り返しがつきません。右折をする時は対向車の減速に期待して曲がるのではなく、確実な安全を確認してから曲がるようにしてください。

信号機のない交差点を通過する場合

信号機の無い交差点を通過する場合。一旦停止の表示や標識のある方が道を譲り、標識の無い方に優先権があります。といっても、こういった交差点では見通しが悪いことが多いです。優先権のあるドライバーも、安全を確認しながら徐行で通過してください。

中には「どちらの進路にも一旦停止の標識が無い」といった交差点もあります。このようなケースで「優先権」が与えられるのは左側の車。もちろん、この場合も優先権の有無にかかわらず、しっかりと安全確認を行ってから通過しましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

修正ばっかりしてると新記事の投稿ができないんで、新記事3に対して修正1くらいの割合でやってます(2019年6月〜)