ゴム製品専用の保護スプレー(概要と使い方)【ケミカル用品の紹介】


車の窓わく

車に使われている各所のゴムパーツは、時間がたつと徐々に劣化して、ひび割れたり、痩せて硬くなったりして、本来の性能を発揮することができなくなります。

こういったトラブルを未然に防ぐためには、ゴム製品専用の保護スプレーで予め保護しておくことが必要です。

このゴム製品専用の保護スプレーは、呉工業から「ラバープロテクタント」の名称で発売されています。

スポンサーリンク

ゴム製品専用の保護スプレーの概要

このゴム製品専用の保護スプレーは、車の色々な場所に使われているゴムパーツを保護、洗浄するためのケミカル用品です。

汚れたゴムパーツにスプレーしてきれいなウェスで拭き取れば、一瞬にしてホコリや汚れを除去することができます。

古くなって弾力性の無くなったゴムパーツに使用すると、新品のようなしっとりとした黒さと、弾力性を復活させることができます。

エンジンルームのベルト類に使用すると、ベルト鳴きを抑える高価もあります。また、塗布した後は、ゴム表面に留まり保護する役割を果たします。

スポンサーリンク

ゴム製品専用の保護スプレーの使い方

ウェザーストリップに使う時

ドアやトランクのウェザーストリップに使う場合は、あらかじめ目立たない場所に吹き付けて、色落ちや劣化が発生しないか確認しておきます。

次に、ウェザーストリップに適量の保護スプレーを吹き付けます。吹き付けられた保護剤は、キレイなウェスなどで全体に広げるように拭き取っておきます。その後この保護剤は、ゴムに染み込んだり蒸発したりして、ゴム表面を新品ゴムのような質感に変えます。

ゴムベルトに使う時

ベルト類に使う時には、エンジンを回しながら行うと素早くベルト全体にスプレーすることができます。ただし、ベルト類に巻き込まれると大変です。自信がない人は、ディーラーなど専門の整備士に依頼してください。整備や点検のついでにお願いすれば、気持ちよくやってくれるはずです。

スポンサーリンク

使用上の注意点

スプレーが付着すると潤滑性が増すため、タイヤやブレーキパッドなど、しっかりとしたゴムのグリップを必要とする部分には吹き付けないようにしてください。

ゴム製品を保護するといっても、ワイパーに使うのは厳禁です。滑りは良くなりますが、ガラス面に保護剤が付着してギラつきの原因となるからです。

ウェザーストッリップなど、ガラスの近くで使用する時も、ガラスに吹き付けないように気をつけてください。万が一、ガラスに保護剤が付着した場合は、洗浄クリーナーでキレイに拭き取ってください。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

最近は気温の上昇とともに体調も除々に回復!長い冬でした(2018年4月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の更新がしばらく少なくなります(2018年4月)