車両感覚のつかみ方をぐっと上達させる小技6つ【運転のコツ】


運転する人

以前、このコーナーでは、車両感覚のつかみ方の練習方法について、「前」「後」「左」と3回に分けてご紹介しています。

【運転のコツ】前方の車両感覚の練習方法

【運転のコツ】後方の車両感覚の練習方法

【運転のコツ】左側面の車両感覚の練習方法

今回はこの練習方法に加えて、普段から覚えておくことで「車両感覚をつかみやすくする為の小技」をいくつか紹介したいと思います。

スポンサーリンク

実際の駐車位置と自分の車両感覚の誤差をこまめに修正する

車両感覚をさらに上達させる為には、以前紹介した練習方法に加えて、普段からのコツコツとしたこまめな努力がものを言います。

例えばスーパーの駐車場では、自分の感覚を頼りにちょっと空間の余裕を取って車を停めます。

そのあと車を降りて、自分の感覚と実際の車の位置がどれくらい違っているか確認してください。最初のうちは思った以上に空間が空いているのでビックリすると思います。しかし、これを何度も繰り返していくうちに、自分の感覚と実際のズレがどんどん少なくなってきます。

いちいち車を降りて車の位置を確認するのは、なんだかカッコ悪いような気がします。しかし、自分の思いのままにピタリと停めることのできるベテランドライバーも、はじめの内はこの地道な作業を何度も繰り返しているのです。

スポンサーリンク

前車との適切な車間距離をつかむ

信号待ちで前車の後ろに停車する時は、前車のバンパーやリアコンビランプなどが、一定の車間距離を保つための目安となります。

ただし、これは自分の体型や車のシートポジションなどによって様々です。そのため、適切な車両感覚が空いているという場合、前車のどの部分が自分のボンネットの上に見えているのか、自分なりに記憶しておくことで常に一定の車間距離を保つことができます。

背の低い普通のセダンであれば、前車のタイヤがちょっど自分のボンネットの上に来るくらいが適切な車間距離となるはずです。

スポンサーリンク

目線を上げて車両感覚をつかみやすくする

ドライバーの目線が高い場合、ボディの四隅を上から見下ろすように確認できるため、非常に車両感覚がつかみやすくなります。車高の高いSUVが、大きいボディの割に車両感覚をつかみやすいのはこの為です。

車高の低い普通車であっても、シートリフターでシート位置を上げることで、目線の位置をかなり高くすることができます。特に小柄な人の場合は、シート位置を上げるだけで大きく見える範囲を広げることができます。

ただし、シートを上げすぎて天井に頭がつっかえないように注意してください。また、一度シートの高さを決定したら、常にその高さを維持してください。コロコロと頻繁にシート位置を変えると、せっかく覚えた車両感覚がそのたび毎に変わることになります。

ドアミラーを使った車両感覚のつかみ方

走行中は安全確認も兼ねて、チラチラとドアミラーを確認しながら走行してください。左の白線がドアミラーのどこにあれば、車と白線がどれくらい離れるのか、普段の練習をもとに常に頭の中で計算しながら走ります。

これを繰り返すことで、あなたの車両感覚は徐々に精度を増していきます。

タイヤの正確な位置を把握する

狭い道で対向車をかわすような場合、タイヤがどの位置にあるのか正確に把握しておく必要があります。

このためには、細かい凸凹が加工された白線を利用します。この白線の凸凹は車両が白線からはみ出しそうになった時、ガーという異音を発生させることによって、ドライバーに注意喚起を促す目的で設置されています。

そのため、対向車の全く走っていない安全な閑散期を使って練習します。

じわじわとこの白線に寄せていくと、白線にタイヤが乗ったところでガーという異音が発生します。これによって、自分の車両感覚と実際のタイヤ位置を修正することができます。

駐車場をつかった内輪差感覚のつかみ方

車両感覚の最後は、カーブの時に前輪と後輪の通る位置がずれる現象、「内輪差」の把握についてです。

内輪差はその車両毎に微妙に異なります。自分の車の内輪差を把握するには、あまり車の停まっていない駐車場を使います。

例えば左にハンドルを切って、左の駐車スペースに入れる場合ですが。この時、通路を本線、左の駐車スペースを脇道と仮定します。

まず本線左ギリギリに車を寄せながら直進してきます。目的の駐車スペースに接近したら、左タイヤをこの駐車スペースの左ラインにぴったりと合わせながら左に曲がってください。

駐車スペースに自分の車が半分程度入ったところで一旦停車します。車を降りて確認すると、左前輪の通ったラインのかなり内側を左後輪が通ろうとしているのが分かると思います。

これがあなたの車の内輪差です。時々確認しながら、徐々に正確な内輪差感覚を自分のものにしてください。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

謎のアクセス減少地獄継続中!(2017年11月)

※記事を何百件入れてもドンドンアクセスが下がるので、記事更新を1にして、余力で過去記事の修正をしようかなあと思案中です。