フレアナットレンチとは(概要と使い方)【工具の紹介】


フレアナットレンチは、通常のメガネレンチと異なり、先端部分にパイプを通すための隙間が設けてあります。そのため、実際の形状は、スパナとメガネレンチのちょうど中間のような形をしています。

通常のスパナよりも先端部分の強度が高く、また先端にはパイプを通すための隙間があるため、クラッチホースやブレーキホースのボルトを緩めたり、締め付けたりする作業に向いています。

スポンサーリンク

フレアナットレンチの概要

ブレーキホースやクラッチホースに使われているボルトは、やわらかい金属が使われているため、普通のスパナで作業すると簡単にボルトをなめてしまいます。

通常のスパナは先端の開きが大きいため、2つの面でしかボルトを捉える事が出来ないからです。これに対してフレアナットレンチは、メガネレンチに近い特殊な先端形状により4つの面でボルトを捉える事ができます。

つまり、一つ一つのポイントに掛かる力が分散されるため、がっちりとボルトを保持しながら作業を進めることができるのです。

クローフットレンチ

ただこのフレアナットレンチは、横から長い持ち手を突っ込んで回すように出来ているため、エンジンルームなど狭い場所での作業が苦手です。そこで、そんな狭い場所での作業には、「クローフットレンチ」という特殊工具を使います。

これは、フレアナットレンチの先端部分にごく小さな持ち手が付いた工具で、狭い場所でもボルトを回す事ができます。ただ、持ち手が極小となりますので、ボルトに大きな力を伝える事はできません。

スポンサーリンク

フレアナットレンチの使い方

ブレーキパイプのボルトを回す場合は、まずフレアナットレンチの開いた先端部分をブレーキホースに通します。

次にしっかりとボルトに先端部分を噛ましますが、ボルトが柔らかい金属でできている時は、ボルトをなめやすくなりますので、しっかりと奥までレンチをボルトにはめ込んでください。

後はゆっくりとボルトに力を掛けながらボルトを緩めていきますが、ボルト周りには色々な部品が混在しています。そのため、ある程度ボルトを回したら、「ボルトから一度レンチを外し、レンチを元の角度に戻してはめ直す」という作業を繰りかえすことになります。

スポンサーリンク

フレアナットレンチ使用上の注意点

フレアナットレンチを使うボルトは、柔らかい材質が使われている上に、固く締め付けられていることが多くなります。そのため、ボルトとレンチがしっかりと噛み合っていないと、簡単にボルトをなめてしまうことになります。

加えて、他のレンチやスパナと同様、ボルトにぴったりと合ったフレアナットレンチを使う必要があります。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

最近は気温の上昇とともに体調も除々に回復!長い冬でした(2018年4月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の更新がしばらく少なくなります(2018年4月)