新型 BMW 320i M Sport(F30)【試乗評価】美しいボディと走りの喜び [DBA-3B20]


今回は「新型 BMW 320i M Sport」を試乗レポート。
2012年にモデルチェンジしたMクラスの高級4ドア・セダン。今回で6代目となりました。このセダンの他に、5ドアハッチバックの「グランツーリスモ」、ステーションワゴンの「ツーリング」があります。

先代まではスタイリッシュな「2ドアクーペ」もありましたが、今回からは「4シリーズクーペ」として独立したモデル名が与えられています。

この3シリーズは、BMWを代表する車種であるとともに、経営的にもBMWの屋台骨を支える重要なモデルです。しかもライバルには「メルセデスベンツCクラス」や、「アウディA4」などの魅力的な車種が揃っています。こんな状況で少しでも手を抜けば大変なことになります。必然的にBMWとしても社運をかけて最高の車作りを行っているわけです。

登場からすでに5年以上がすぎましたが、2015年にはビッグマイナーチェンジが行われ、内外装のリフレッシュとともに商品力も大幅に向上しています。

※時間が無い人は、内容を飛ばして、文末の「試乗評価のまとめ」をどうぞ。

BMW320iMSport前面画像

スポンサーリンク

外観

全長4645mmX全幅1800mmX全高1430mmのボディサイズを持ち、ホイールベースは2810mmとなります。

もともと美しいスタイリングを持つ3シリーズセダンですが、「M Sport」グレードを選択する事で、大径タイヤとスポーティなエアロが装備され、さらにカッコいいスタイリングとなります。スポーツサスによる車高低減効果も効いています。

フロント

ロー&ワイドなフロントノーズに、切れ長のヘッドライトと薄いキドニーグリルが組み合わされ、スポーティで精悍な表情を作り上げています。

サイド

短いフロントオーバーハングにロングノーズ、ビッグキャビンが組み合わされ、美しいFRルックを構成しています。人間でいうところの「8頭身美人」というやつですね。これに大きく扁平率の低いタイヤホイールが組み合わされ、全体の印象をさらに引き締めています。

リア

ハイデッキ化されたヒップラインに傾斜の強いリアウィンドウ、力強く張り出したリアフェンダーが対比され、スポーティで力強いリアエンドを構成しています。

若い頃は、3シリーズクーペのエレガントなスタイリングが大好きでしたが、最近は3シリーズセダンの合理的で抑制の効いた美しさに強く惹かれてしまいます。年を取ったせいかもしれませんが・・・。

今回の3シリースの兄弟車には、4ドアセダンの合理性と2ドアクーペの美しさを併せ持つ、「4シリーズ・グランクーペ」というスタイリッシュな4ドアクーペが設定されています。

確かにこの「4シリーズ・グランクーペ」は流麗なスタイリングを持つカッコいい4ドアですが、ちょっとどっちつかずな感はいなめません。これなら、ボディを割り切ってスタイリングのために使った2ドアクーペか、実用性的なカッコよさを持つ4ドアセダンの方が魅力的でしょう。

スポンサーリンク

内装

値段の割には簡素なインテリアですが、MSportを選べばアルカンターラシートとなりますので、いくらか質感が上がります。それでも不満な方は、オプションの本革シートを選ぶことで、さらに上質な室内を演出することができます。ただ、アウディやメルセデスベンツなどの上質でモダンな室内を見慣れると、「もう一工夫欲しい」というのが正直なところです。

BMW320iMSport内装画像 BMW320iMSportメーター画像

BMW伝統の見やすくて大きなメーターが装備されます。表示は緻密で正確、甘さの無い合理的なグラフィック処理がカッコイイですね。

BMW320iMSportナビ画像

ナビ画面は、最近流行のフローティングタイプで、視線の移動が少なく運転中の疲労軽減が期待出来ます。

BMW320iMSport前席画像

シート

フロントシートは少し包まれ感が強くスポーティな形状です。着座位置も低いため助手席の人には嫌がられるかもしれません。しかし適正な着座姿勢を取ることで、長時間のドライブでも疲れる事のない快適なシートとなります。

モデルチェンジを重ねる毎にホイールベースが伸ばされ、後部座席はドンドン広くなっています。足下、頭上空間ともに広々とした余裕があります。リアシートにはやや硬めのクッションが詰められています。加えてお尻が少し落ち込む感じになるので、気になる人はディーラーでの事前確認をオススメします。

静粛性

しっかりと遮音材が施されており、静粛性に問題はありません。プレミアムセダンにふさわしい静粛性能を持ちます。

荷室

トランクスペースは、Mクラスセダンとしては標準的なレベルを確保しています。4人家族であれば、2泊3日旅行も可能です。

スポンサーリンク

エンジンとミッション

2000cc直列4気筒DOHCターボエンジンと、8速ATが組み合わされます。
エンジンは、184ps/5000rpmの最高出力と、27.5kgf・m/1350-4600rpmの最大トルクを発揮します。
JC08モード燃費は、15.4km/lとなります。

エンジン

最新型といってもしょせんは4気筒エンジンですから、BMW伝家の宝刀「シルキー6」のようになめらかで上質なフィールはありません。といっても、それは6気筒エンジンと比較した場合のはなしです。ダウンサイジングターボを使って低速域からフラットなトルクが発生する、上質でスポーティなエンジンに仕上がっています。

中高速域では必要十分以上のパワーを発揮。市街地など日常領域で使用するなら、パワーと燃費性能のバランスしたこの2.0Lエンジンで不足はありません。

アイドリング時は若干がさつなエンジン音が気になりますが、一旦走り出してしまえばノイズの少ないスムーズなエンジン音へと変化します。

320iよりもさらに強力な低速トルクが欲しい場合は、ディーゼルエンジンを搭載した320dがオススメです。アイドリング時はこの320i以上のノイズとバイブレーションを発生しますが、速度を上げるにしたがってスムーズで上質なフィールを取り戻します。

トランスミッション

組み合わされる8速ATは、トルクのたっぷりとしたエンジンとの相性もよく、制御が緻密でどの回転域からも即座に必要な加速が得られます。
スポーティなDCTには劣りますが、ダイレクト感とレスポンスに優れたトランスミッションです。

またこの他に、3シリーズセダンにはマニュアルトランスミッションの設定があります。短期的なビジネスを考えるなら無駄な装備ですが、BMWは「駆け抜ける喜び」をアピールするためあえてこの設定を残しています。走りを楽しみたいと考えている人には積極的に薦めたい装備です。

乗り心地とハンドリング

前輪にダブルジョイントストラット式サスペンション、後輪には5リンク式サスペンションが装備されます。

乗り心地

M Sportには、スポーティな専用サスが与えられているため、少し引き締まった印象の足回りとなります。といってもバタバタとした不快なものではなく、しっとりとした上質感をともなうスムーズな乗り心地です。段差ではコツコツと衝撃を拾いますが、ガッシリとしたボディと高性能なサスにより、不快な衝撃はしっかりと遮断されています。硬いランフラットタイヤが装着されている事を考えると、十分に快適な足回りといえます。

ハンドリング

ハンドリングにもしっとりとした上質感があり、適度な重厚感を伴った正確なフィールです。また、ロードインフォメーションも豊富で、乗っている実感に溢れています。
昔の3シリーズのような軽快なキビキビ感はありませんが、かといって大味で退屈という事もなく、乗り心地とハンドリングが高次元で上手くバランスしています。

僅かなステアリング操作から正確反応して、素直にノーズの向きを変えてくれます。後輪がしっかりと路面を捉え続けるため、コーナリング中も安心してステアリングを握ることができます。まさに「駆け抜ける喜び」を体感させる、運転の楽しい車です。

その他

歩行者を見分けることのできる「プリクラッシュブレーキ」を含む「ドライビング・アシスト」が標準装備され、先進安全装備も充実しています。さらに、車に搭載される通信モジュールを使った、「SOSコール」及び「BMWテレサービス」など、通信サービスも充実しています。

中でも「BMWテレサービス」は、ブレーキパッドやエンジンオイル、バッテリーなど、定期的な交換を必要とするパーツの消耗具合を車が自動的に検知、正規ディーラーへ情報を送信することで、スムーズで確実なメンテナンスを行う近未来的なサービスです。

試乗評価のまとめ

美しく合理的なボディと、プレミアムカーでありながら「量販グレードからマニュアルトランスミッションが選べる」というのがこの車の大きな魅力です。

走行性能と乗り心地のバランスも素晴らしく、特にスポーティなハンドリングについてはライバルたちを寄せ付けません。
もちろん各社によってそれぞれ味付けの方向性が違うので、どちらが優れているというものではありませんが、その中でこの3シリーズには走りの楽しさに特化した大きな魅力があります。

内装についてはアウディとメルセデスベンツの質感向上が目覚ましく、この3シリーズは一歩遅れをとっている感がいなめません。

しかし、BMWは「駆け抜ける喜び」を標榜するメーカーです。小さな欠点を潰すよりも、官能的なエンジンと走行性能を磨き上げることで、さらに魅力を高めていくという方向性は間違っていません。

中古車市場では

「BMW 320i M Sport」の場合、2017年式の新古車が、410万円前後(2017年10月現在)。マイナーチェンジ前の2014年式が、290万円前後となります。

価格

価格 | 5,340,000円(税込み)

関連記事

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

謎のアクセス減少地獄継続中!(2017年11月)

※記事を何百件入れてもドンドンアクセスが下がるので、記事更新を1にして、余力で過去記事の修正をしようかなあと思案中です。