夏の中古デミオ

車を安く買う方法には、大きく分けて次の3つがあります。

一つ目は、車自体の価格を安くする方法。二つ目は、愛車をなるべく高く買い取ってもらい、購入資金にあてる方法。3つ目は、購入の際に必要となる諸費用を安く抑える方法です。

今回は、これら3つの方法について、当ブログ内の記事を厳選してまとめてみました。購入の際に参考にしてください。

車自体の価格を安く抑える方法

特別な理由が無い限り、現金で購入したほうがお得

自動車の代金を支払う方法としては、現金払いとローンによる支払いがあります。

現金には支払い総額を安く抑えられるというメリットがありますが、一度に大きなお金を支払うことになります。反面ローンは、初期投資を抑える効果は大きいものの、支払総額自体は思った以上に大きくなることが多いです。

下の参考記事では、どういった場合にどちらの支払い方法を使ったほうがお得になるのか、詳しく解説しています。

現金払いとローン、お得なのはどっち?そのメリットとデメリットについて【お得情報】

2017.08.17

値引き交渉の具体的な手順について

車を購入する時になかば常識のようになっている「値引き交渉」ですが、その具体的方法については、相手が人間であるだけに中々こうだというモノはありません。

また、交渉する本人のスキルや知識も問われるため、同じ車を同じ時期に同じ営業マンから購入したとしても、価格が全く違うという理不尽なことが起きてしまいます。

下の参考記事ではそんな得体の知れない「値引き交渉」について、僕の経験と知識からなるべくどんな人でも使える平易なテクニックを中心に、具体的な手順に沿って紹介しています。

新車の「値引き交渉」、その具体的な手順と方法について【お得情報】

2017.07.28

適正な値引き額を引き出すには、ライバル車を競わせるのが効果的

車の価格には、始めから「これくらいまでなら値引きが可能だ」という値引き幅が設定されています。

その値引き幅は車種や購入時期にもよりますが、大体15%程度になることが多いです。ただし、普通に交渉していたのではここまでの値引きを提示されることは少ないでしょう。

下の参考記事では、そんな値引き幅を最大限まで引き出すテクニックとして、「ライバル車を競わせる方法」について解説しています。

「値引き額」を限界まで引き出すには、ライバル車を引き合いに出して競わせるのが効果的【お得情報】

2017.07.20

一年の中で車が一番安くなる時期はいつ?

車は定価が定められた高額商品ですが、購入する時期によって価格が変動するという特徴があります。

といっても実際の定価が変わるわけではなく、値引き額やオプションのおまけによって最終的な支払額が調整される仕組みです。

下の参考記事では、この一年の価格変動を利用して車を安く購入する方法について解説しています。

新車の「買い時」はいつ?車の値段が一番安くなる時期を教えます!【お得情報】

2017.07.01

フルモデルチェンジ直前は、値引き額が拡大する

車には一応定価が設定されていますが、実際の販売価格は「モデルチェンジ直後が一番高く、そこから徐々に値引き額を拡大していってモデルチェンジ直前に一番安くなる」というのが定番です。

ただし、モデルチェンジ直前の車には「下取り額が下がる」など値引きが拡大するだけの理由があります。

下の参考記事では、そんなフルモデルチェンジ直前の車を買うメリットとデメリットについて。および、フルモデルチェンジの時期を利用して車を安く買う方法について解説しています。

フルモデルチェンジ直前は値引きが大幅に拡大する!この時期に車を買うメリットとデメリットについて【お得情報】

2017.07.06

愛車の買取価格を高くする方法

なるべく多くの業者で買取査定を行う

現在の愛車を下取りに出して次の車を購入する場合。同じディーラーで愛車の下取りと車の購入を同時に済ませる人が多いです。

ただし、この方法は手順を簡素化できるというメリットはあるものの、車の購入資金をなるべく安く抑えるという目的には合いません。

下の参考記事では、なるべく多くの業者で買取査定してもらい、少しでも高い価格で愛車を売り抜ける方法について解説しています。

車の下取り査定をしてもらう時は、あらかじめおおよその買取価格を把握しておく事が大切【車の売り方】

2017.09.25

買取査定の前に洗車をする

買取査定をする業者のスタッフは査定のプロです。車が汚かろうがピカピカに磨かれていようが、車の本質的な価値を見誤ることはありません。

ただし、車があまりにドロドロに汚れている場合は、「オーナーが普段車のメンテナンスを疎かにしている」と感じて多少なりとも買取価格に影響を与える可能性もあります。

下の参考記事では、買取査定の前に行う必要最低限の洗車について解説しています。長年お世話になった愛車です。最後くらいはキレイにして労をねぎらってあげましょう。

査定の前に洗車や内装の掃除を行うと、買取価格が高くなることがある【車の売り方】

2017.09.22

買取価格が一番高くなる時期はいつ?

愛車の買取価格についても、新車の価格と同様に高くなる時期と安くなる時期があります。

下の参考記事では、この買取価格変動を利用して愛車を高く売る方法について解説しています。

自分の愛車を業者やディーラーに売る時、「買取価格」が一番高くなる時期はいつ?【お得情報】

2017.09.19

年式が古く走行距離の多い車はディラーで下取りしてもらったほうがお得

高年式で走行距離が短く、人気のある車は買取業者に持ち込んだほうが高く買い取ってもらえる可能性が高いです。

これに対して年式が古く走行距離が多い、しかも不人気車の場合は、新車を購入するディーラーで下取りをしてもらったほうがいくらかのオマケを期待できる分マシです。

下の参考記事では、そんな年式や走行距離および買取価格との関係について解説しています。

買取価格に大きな影響を与える、年式と走行距離の関係【車の売り方】

2017.09.21

購入の際に必要となる諸費用を安く抑える方法

諸費用をカットして車を安く購入する方法

車を購入する際には、車両本体の他に諸々の諸費用が発生します。諸費用といっても1万円から3万円程度と結構なお金が掛かり、案外バカにできません。

下の参考記事では、そんな諸費用のカットについて解説しています。

「納車費用」や「車庫証明書費用」など、諸経費をカットしてさらに車を安く買う方法!【お得情報】

2017.08.14
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)