車の下取り査定をしてもらう時は、あらかじめおおよその買取価格を把握しておく事が大切【車の売り方】

2台の中古ボルボ

車を新車や中古車で買う時には、同時に今乗っている愛車の下取り査定もする事になります。

こんな時、多くの人は車を買う場所と愛車を下取りに出す場所、いっぺんに同じ場所で済ませようと考える人が多いのではないでしょうか。

ただし、なるべく愛車を高く売って安く新しい車を購入したいと考えているなら、こういった方法はあまりオススメできません。

スポンサーリンク

買取価格を把握していないと、値引き交渉で不利になることも

ディーラーの営業マンはユーザーの考えとは逆に、お客の愛車を安く仕入れて次の新しい車を高く売ろうと考えています。

つまり、お客との交渉の中で予想外に高い値引きを要求された場合でも、その分を下取り車の価格を安く抑える事で取り戻すことができるのです。

こんな時、お客が自分の愛車のおおよその買取価格を把握していれば、「ちょっと買取価格が安いから、車は他で売るよ」と、駆け引きの材料として使うことができます。

逆におおよその買取価格を知らなければ、そのまま営業マンの言うなりとなってしまうわけです。

スポンサーリンク

愛車の買取価格を知るには、買取価格査定サイトやディーラーを活用する

こういった事を避けるには、値引き交渉に入る前に、自分の愛車のおおよその買取価格を把握しておく必要があります。といっても、素人にそんな事はできません。こんな時は、ネット上の買取価格査定サイトやメーカー系ディーラーでの下取り査定を活用してください。なるべく沢山の場所で査定をしてもらう事で、より正確な買取価格を把握する事ができます。あまり時間が無い場合は、買取査定サイトだけでも十分です。

もちろん、「次の車を買う場所で必ず自分の愛車を売らなければならない」なんてルールはありません。その中で一番高い価格を提示してくれた場所に、そのまま愛車を売っても大丈夫です。ただし、愛車を値引き交渉のカードとして使うため、できれば交渉までは売り先を決めない方が無難でしょう。

スポンサーリンク

買取価格を有効に使って、値引き交渉を進める

おおよその買取価格を掴んだら、いよいよディーラーでの値引き交渉に入ります。この時、愛車の下取り査定と、新車や中古車の値引き交渉は完全に切り分けておく事が大切です。

交渉に入る前に、「愛車はどこで売るか分からないけど、とりあえず下取り査定もしておいて」と一言添えておけば大丈夫です。

後は、下の記事を参考にしっかりと値引き交渉を行ってください↓

参考:新車の「値引き交渉」、その具体的な手順と方法について【お得情報】

参考:中古車を安い価格で買うための「値引きテクニック」教えます【お得情報】

営業マンは交渉の中で値引きを大きく取って、下取り価格を安く抑えてくるかもしれませんが、これについては最後まで触れずにそのままどんどん交渉を進めます。

最終的に十分な値引き額が提示されたらそこで判子を押して正式な契約を結びます。そこで、十分な下取り価格が提示されていなければ、「下取り価格が安いから、愛車は他で売るよ」と営業マンの様子を伺ってみましょう。

「これが限界です」と言われれば下取りを別の場所に持ち込み、それなりの買取価格が提示されれば、そのまま愛車もそこで売ってしまいましょう。とにかく、「買取価格を把握しておくこと」と、「値引きと下取り査定をしっかりと切り分ける」という事が大切です。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)

切れ痔がぶり返してきたー!(2018年10月)

パリモーターショー行きたい(2018年10月)