アウディジャパン、2017年に発売された「アウディ SQ5」を展示。ツインスクロールターボによって最大出力354馬力を達成。【東京モーターショー2017】

「アウディ SQ5」のフロント

アウディジャパンは「東京モーターショー2017」の会場で、2017年に発売された「アウディ SQ5」を展示していました。

今回も会場で撮影した写真とともにレポートします。

※「東京モーターショー2017」の会場は東京ビッグサイト(東京都江東区有明)。会期は2017年10月25日から11月5日。一般公開は10月27日から最終日まで。

展示車両はコンセプトカーのAudi Elaine concept、Audi Q8 sport conceptのほか、来年以降日本で販売を予定しているNew Audi A8、New Audi A8L、Audi RS 4 Avant、Audi Q7 e-tron quattro、今年日本で発売したばかりのAudi SQ5、Audi RS 5 Coupéなどのモデルを出展します。

引用:アウディ・ジャパン公式サイト

スポンサーリンク

「アウディ SQ5」の概要

「アウディ SQ5」は、2017年に登場したMクラスの高級クロスオーバーSUV。「Q5」をベースに足回りとエンジンの強化が行われた高級スポーツバージョンです。

3.0L・V6ツインカムエンジンにツインスクロース式ターボチャージャーが装備され、354馬力の最高出力と、51.0kgf・mの最大トルクを発生。先代「SQ5」を上回る力強さと上質な走りを手に入れています。

ベースとなるプラットフォーム(基本骨格)は新世代のモジュラープラットフォーム「MLB evo」。可変ダンピングシステムを持つスポーツサスと組み合わされ、安全性と操縦安定性、走りの楽しさが向上しています。

ベースとなる「Q5」がオンデマンド式の4WD(普段はFFで走り、スリッピーな路面になると後輪にもトルクが配分される)となるのに対して、「SQ5」は前輪に40、後輪に60のトルク配分を基準とするFRよりのフルタイム4WDシステムが搭載。より自然なステアリングフィールを実現しています。

スポンサーリンク

「アウディ SQ5」の外観

「アウディ SQ5」のリア

おだやかな印象の先代「SQ5」に対して、新型はシャープなラインを基調とする硬質なスタイリング。

フロント

張りのある面で構成されたフロントノーズに、キリッとしたラインで構成された大型シングルフレームグリル。シャープなデザインのLEDライナーを内蔵した角型ヘッドライトがレイアウトされ、上質感あふれるスポーティなフロントフェイス。

サイド

ぶ厚いボディに傾斜の強いAピラー(一番始めの柱)とDピラー(一番後の柱)が組み合わされた、エレガントで力強いサイドビュー。短く切り詰められたフロントオーバーハング(前輪からボディ端までの距離)と、20インチ・大径ホイールが力強さを強調しています。

リア

丸みのある穏やかなヒップラインに、シャープな形状のLEDリアコンビランプ。4本出しエキゾーストパイプフィニッシャーが組み合わされ、控えめにスポーツ感を演出しています。

スポンサーリンク

主要スペック

項目 スペック
パワーユニット 2994cc・V型6気筒DOHCターボ
トランスミッション 8速AT
駆動方式 フルタイム4WD(4輪駆動)
最高出力 354ps/5400-6400rpm
最大トルク 51.0kgf・m/1300-4500rpm
全長x全幅x全高 4685mmx1900mmx1635mm
ホイールベース 2825mm
車輌重量 1930kg
ボディタイプ 5ドア・ハッチバック

メーカー希望小売価格

8,920,000円(消費税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

修正ばっかりしてると新記事の投稿ができないんで、新記事3に対して修正1くらいの割合でやってます(2019年6月〜)