日産自動車、2018年春に発売を予定している「日産 セレナ e-POWER」を展示。電動車のパワフルな走りと高いエネルギー効率【東京モーターショー2017】

「日産 セレナ e-POWER」のフロント

2017年10月25日から11月5日まで、東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催されていた「東京モーターショー2017」。

日産自動車はこの会場の自社ブースで、2018年春に発売を予定している「日産 セレナ e-POWER」を展示していました。

「セレナ e-POWER」は、「セレナ」が誇る室内の広さや使い勝手の良さ、乗り心地の快適性はそのままに、モータードライブの楽しさと優れた燃費性能、そして、クラスを超えた高い静粛性を実現するモデルです。

引用:日産自動車公式サイト

スポンサーリンク

「日産 セレナ e-POWER」の概要

「日産 セレナ e-POWER」は、2016年に登場したMクラスミニバン「5代目セレナ」のシリーズ・ハイブリッド仕様です。

シリーズハイブリッドとは、エンジンを発電のためだけに使い、電気モーターを使ってタイヤを駆動する電動車の事で、簡単に言えば「発電機を搭載した電気自動車」と言い換えることもできます。

このシステムをMクラス・ミニバンのセレナと組み合わせることによって、高い実用性と快適性、電動車のパワフルで楽しい走りを持ったハイブリッドカーとなっています。

すでに日産セレナには小さな電気モーターを使った「マイルドハイブリッド仕様」がありましたが、これはごく限られた状況下でモーターが走行をアシストしたり、回生ブレーキによって発電するためのシステムです。「日産 セレナ e-POWER」のような効率の良さやパワフルな走りは期待できません。

もちろん日産セレナの目玉機能、高速道路同一車線自動運転技術「プロパイロット」も搭載されています。発売当初、ちぐはぐな部分もあった「プロパイロット」ですが、登場から1年以上が過ぎ随分と洗練されています。

スポンサーリンク

「日産 セレナ e-POWER」の外観

「日産 セレナ e-POWER」のリア

フロント

シンプルな直線で構成されたフロントノーズにシャープなヘッドライト。「 e-POWER」を象徴するブルーがあしらわれた「大型Vモーショングリル」がレイアウトされ、端正でクリーンなフロントフェイスに仕上がっています。

サイド

短いノーズに大きなキャビン。

ざっくりと切り下げられたショルダーライン(サイドウィンドウ下端)が、Dピラー直下で軽快に跳ね上げられ、フローティングルーフ(浮いたように見えるルーフ)と相まって、近未来的でスポーティなサイドビューを構成しています。

足元には空力に優れた「e-POWER」専用アルミホイールを装備。

リア

Dピラー直下で跳ね上げられたショルダーラインが、後ろに回り込みながら専用LEDテールランプと一体化。単調に成りがちな箱型ミニバンのリア周りに、メカニカルで面白い表情を与えています。

「日産 セレナ e-POWER」の室内

内装デザインはベースとなるガソリン仕様とほぼ同じ。「 e-POWER」を象徴するブルーアクセントが、センターコンソールやシフトノブ、メーターなどに効果的に配置されています。

セカンドシートは快適性を重視した「独立キャプテンシート」。搭乗可能人数はベンチシートの7人に対して6人となりますが、座り心地や安定感はこちらのほうが上回ります。

個人的にもミニバンのセカンドシートには、独立キャプテンシートをオススメします。

スポンサーリンク

主要スペック

「日産 セレナ e-POWER」のスペックは現在のところ未定。

下記スペックは「ハイウェイスター Vセレクション(マイルドハイブリッド)」のものです。

項目 スペック
パワーユニット 1997cc・直列4気筒DOHC+電気モーター
トランスミッション 電気式CVT
駆動方式 FF(前輪駆動)
エンジン最高出力 150ps/6000rpm
エンジン最大トルク 20.4kgf・m/4400rpm
電気モーター最高出力 3ps
電気モーター最大トルク 4.9kgf・m
全長x全幅x全高 4770mmx1740mmx1865mm
ホイールベース 2860mm
車両重量 1690kg
ボディタイプ ミニバン(5ドア)

今後の予定

2018年春に発売予定。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)

切れ痔がぶり返してきたー!(2018年10月)

フランスモーターショー行きたい(2018年10月)