日産自動車、「日産 LEAF NISMO Concept」を参考出展!NISMOテクノロジーによる優れた空力性能を実現【東京モーターショー2017】

「日産 LEAF NISMO Concept」のフロント

2017年10月25日から11月5日まで、東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催されていた「東京モーターショー2017」(10月27日はプレビューデイ。一般公開は10月28日から11月5日まで)。

日産自動車はこの会場の自社ブースで、「日産 LEAF NISMO Concept」を参考出展していました。

今回も、秋ろーが会場で撮影した写真とともにレポートします。

今回参考出展する「LEAF NISMO Concept」は、NISMOのレーシングテクノロジーにより実現した専用エクステリアを採用。

引用:日産自動車公式サイト

スポンサーリンク

「日産 LEAF NISMO Concept」とは

「日産 LEAF NISMO Concept」は、日産リーフの優れた環境性能はそのままに、NISMOによるレーシングテクノロジーによってスポーティな走りを実現したコンセプトモデルです。

ボディ外観

「日産 LEAF NISMO Concept」のリア

NISMOの技術と経験によって設計された専用ボディが与えられ、cd値を悪化させることなくリフト量を軽減。優れた空力特性とグリップ性能向上、ボディの安定化を実現しています。

フロント

中央をブラックに塗装したスポーティなフロントフードに、NISMO専用グリル。空力性能に優れる専用フロントバンパーには、NISMOのイメージカラー「赤」がワンポイントとして使われ、スポーティで精悍な表情をもたらしています。

サイド

程よく車高を落としたボディに、専用エアロと専用アルミホイールを装備。エコカーとは到底思えないスポーティなサイドビュー。

リア

ノーマルのリアバンパーを基本としながらも、バンパー下側に大型ディフューザーを装備。迫力あるスタイリングと共に優れた空力特性をもたらしています。

内装

ブラックを基調とする内装にNISMOのイメージカラー「赤」が挿し色として使われ、スポーティなイメージを演出。

足回り

足元にはコンチネンタル製のスポーツタイヤに専用サスペンションが組み合わされ、適度に引き締まったスポーティな乗り味。

電気モーター

電気モーターならではのトルクフルでレスポンスに優れた特性を活かすため、専用チューニングコンピュータ「VCM」によるスポーティなチューニングを実施。NISMOバージョンにふさわしいパワーユニットに仕上げられています。

スポンサーリンク

今後の販売予定

「日産 LEAF NISMO Concept」の販売時期や車輌価格は未定ですが、東京モーターショーの反響によっては市販化される可能性もあります。

ただし、会場で実車をみるとほぼ市販レベルと変わらない完成度でしたので、「そう遠く無い将来に市販化されるんだろうなあ」と感じました。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)

切れ痔がぶり返してきたー!(2018年10月)

パリモーターショー行きたい(2018年10月)