日産自動車、「日産 スカイラン GT200-t タイプSP」のマイナーチェンジモデルを発表。内外装のデザインを一新!【東京モーターショー2017】

「日産 スカイラン GT200-t タイプSP」のフロント

2017年10月25日から11月5日まで、東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催されていた「東京モーターショー2017」。

日産自動車はこの会場の自社ブースで、「日産 スカイラン GT200-t タイプSP」のマイナーチェンジモデルを発表していました。今回も会場で撮影した写真とともにレポートします。

全方位型運転支援システムを全グレードに標準装備するとともに、高い動力性能と環境性能を両立したハイブリッドシステムや、意のままに快適なハンドリングを実現したダイレクトアダプティブステアリングなどを装備し、運転の楽しさと安全性能を兼ね備えています。今回マイナーチェンジする「スカイライン」はエクステリアデザインやアルミホイールのデザインを刷新し、より高揚感あふれるデザインを実現しました。

引用:日産自動車公式サイト

スポンサーリンク

「日産 スカイラン GT200-t タイプSP」の概要

「日産 スカイラン GT200-t タイプSP」は、2013年に発表された、Mクラスの4ドアセダン。今回のモデルチェンジで13代目となる歴史あるモデルです。

マイナーチェンジによって新しいデザインのアルミホイールが与えられ、外観にも小変更が加えられています。さらに内装では、ステアリングとシフトノブのデザイン変更。加えて、インパネに装備される加飾パネルも新しいデザインとなります。

「GT200-t」グレードに搭載されるパワーユニットは、メルセデスベンツ製の2.0Lツインカムターボ。最大トルク35.7kgf・mと、3.5L自然吸気エンジン並のトルクを発生します。このエンジンは少々フィールがガサツなのが難点ですが、今回のマイナーチェンジで改善されている事を期待したいです。

「タイプSP」パッケージには、スポーツフロントバンパーやハイビームアシスト、アクティブAFS、リバース連動下向ドラミラー、パドルシフト付き本革巻きステアリング、インテリジェントエアコン、内装本アルミフィニッシャー、前席ヒーター付き本革シート、切削光輝19インチアルミホイールなどが専用装備として用意されます。

スポンサーリンク

「日産 スカイラン GT200-t タイプSP」の外観

「日産 スカイラン GT200-t タイプSP」のリア

フロント

マイナーチェンジによってフロント周りをリファイン。ダイナミックで一体感のあるデザインとなりました。

サイド

新デザインのアルミホイールは、エレガントで流れるようなデザイン。サイドビューを足元から引き締めています。

さらにサイドシルには立体感のあるサイドスポイラーが装備され、車全体の躍動感を高めています。

リア

ハイデッキ化されたトランクに、拡がりのあるリアコンビランプ。デュアル・エキゾースト・フィニッシャーが装備された、スポーティで力強い後ろ姿。

スポンサーリンク

主要スペック

項目 スペック
パワーユニット 1991cc・直列4気筒DOHCターボエンジン
トランスミッション 7速AT
駆動方式 FR(後輪駆動)
最高出力 211ps/5500rpm
最大トルク 35.7kgf・m/1250-3500rpm
全長x全幅x全高 4815mmx1820mmx1450mm
ホイールベース 2850mm
車両重量 1690kg
ボディタイプ 4ドア・セダン

メーカー希望小売価格

4,713,120円(消費税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)