スズキ「BURGMAN FUEL CELL(バーグマン・フューエルセル)」登場!国産唯一の燃料電池バイク【東京モーターショー2017】

スズキ・バーグマン・フューエルセルのフロント

2017年10月25日から11月5日にかけて東京ビックサイト(東京都江東区有明)で開催されていた「東京モーターショー2017」。

スズキはこの会場で、国産唯一の燃料電池バイク「バーグマン FUEL SELL」を公開しました。

今回も、会場で撮影した写真とともにレポートします。

バーグマンフューエルセルは水素と空気中の酸素で電気を作り出し、モーターで走る燃料電池二輪車です。

引用:スズキ公式サイト

スポンサーリンク

「BURGMAN FUEL CELL」の概要

「バーグマン FUEL SELL」は、国産唯一の公道を走れる燃料電池バイクです。2017年3月に18台がナンバーを取得しており、東京モーターショーの会場でも試乗車が用意され、希望すれば実際に乗ることができました。

キーデバイスとなる燃料電池には、自動車で一般的に用いられる水冷式ではなく、小さなバイクに搭載するのに最適な、軽量コンパクトな空冷式が採用されています。

ベースとなるバイクはガソリン仕様の「バーグマン200」。ただし満充電からの航続距離が120kmと短く、実際の市販車として販売するにはもう一歩といったところです。

現在は18台のナンバー取得車輌を使って、実際の使用条件に近い一般道でテストを実施。この燃料電池バイクの走行データと知見は、バイクだけでなく4輪車にも幅広く生かされていく事になります。

スポンサーリンク

「BURGMAN FUEL CELL」の外観

市販モデルの「バーグマン200」がベースになっているため、燃料電池ならではの近未来的なスタイリングなどはありません。

フロント

大きなフロントスクリーンに、つり目型ヘッドライトが組み合わされ、安定感あふれるスポーティなフロントフェイス。

サイド

くさび型のボディに大きなシートを持つ、ビッグスクータースタイル。フロントカウルやサイドパネルには、「フューエルセル」をイメージした爽やかなカラーリングが施されます。

リア

大きく跳ね上がったテールに、クッキリとしたリアコンビランプが装備され、軽快感あふれるスポーティなリアエンドをです。

スポンサーリンク

スペック

項目 スペック
全長x全幅x全高 2095mmx740mmx1365mm
車輌重量 199kg
燃料 圧縮水素
二次電池 リチウムイオン電池
航続距離 120km(60km/h定地走行)
最高出力 4.5kW/7650rpm
最大トルク 23N・m/1870rpm

販売予定と価格

ナンバープレートを取得しているといっても、この「BURGMAN FUEL CELL」は公道試験中の車輌です。実際に販売されるためには、さらに航続距離を伸ばす必要があります。現時点での販売予定は未定となっています。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

修正ばっかりしてると新記事の投稿ができないんで、新記事3に対して修正1くらいの割合でやってます(2019年6月〜)