「スズキ スペーシア カスタム コンセプト」登場!カスタムパーツを施したイカツイ外観がカッコ良い【東京モーターショー2017】

スズキ スペーシア カスタム コンセプトのフロント

2017年10月25日から11月5にかけて東京ビックサイト(東京都江東区有明)で開催されていた「東京モーターショー2017」。

スズキは現在販売されている軽ハイト系ワゴン「スペーシア カスタム」の次期モデルをベースとする、「スズキ スペーシア カスタム コンセプト」を発表しました。

今回も会場で撮影した写真とともにレポートします。

迫力と存在感のあるスタイルの頂点を目指した軽ハイトワゴン 「SPACIA CUSTOM CONCEPT(スペーシア カスタム コンセプト)」

引用:スズキ公式サイト

スポンサーリンク

「スズキ スペーシア カスタム コンセプト」の概要

「スズキ スペーシア カスタム コンセプト」は、12月に発売が予定されている次世代型「スズキ スペーシア カスタム」を示唆するコンセプトモデルです。

コンセプトモデルといっても、既に内外装には市販化を前提とした作り込みが行われており、ほぼこのままのスタイルと仕様で発売されるものと思われます。これは同時に展示されていた標準ボディの「スズキ スペーシア コンセプト」も同様です。

「スズキ スペーシア コンセプト」の標準ボディをベースにエアロパーツやメッキモールド、専用フロントフェイスなどが与えられ、今流行のちょい悪スタイリングに仕上げられています。

スポンサーリンク

「スズキ スペーシア カスタム コンセプト」の外観

フロント

レゴブロックのようなコロンとした可愛らしさを持つ「スペーシア コンセプト」に対して、大きくゴージャスなシングルフレームグリルに、薄型のシャープなヘッドライトが組み合わされ、睨みの効いたいかついフロントフェイスを構成しています。ボディ形状は全く同じですが、フロントフェイスが専用デザインとなるため、まったく違った車に見えます。こいつが後ろから接近してきたら、ちょっと道を譲りたくなるほどです。

サイド

サイドビューは標準ボディの「スペーシア コンセプト」と大差ありません。ボディサイドにはスーツケースをモチーフとした凹凸が付けられ、道具感溢れる楽しい世界観を表現しています。

ホイールには今流行りの「高輝度切削ホイール」を装備。足元から全体をキリリと引き締めています。

リア

スズキ スペーシア カスタム コンセプトのリア

ブラックアウトされたルーフとDピラー周り、リアウィンドウが一体化され、輝度の高いメッキモールドと相まってゴージャスな仕上がりをみせます。

スポンサーリンク

スペック

項目スペック
駆動方式2WD
全長x全幅x全高3395mmx1475mmx1800mm
ホイールベース2460mm
エンジン658ccの直列3気筒エンジン+マイルドハイブリッド

発売予想時期

スズキ公式サイト上にスペーシアのティーザーサイトが公開され、サイト内で2017年12月に発売されると告知。

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

修正ばっかりしてると新記事の投稿ができないんで、新記事3に対して修正1くらいの割合でやってます(2019年6月〜)